借金の事は誰に相談するか?

喜びは分かち合えば倍になって、悲しみは人に話せば半分になるって言ったのは誰だか覚えていませんが、実際にその通りだと思いますし、逆じゃなくって良かったなってしみじみ思うので有りますが、今回のコラムのテーマは借金問題は一体誰に相談すれば良いのかって事です。

良く言われる事に、借金問題ってのは中々人に相談が出来ないカテゴリーでして、一人で抱え込んでいるうちに、問題が大きく消せない状態になってしまって誰かに相談(発覚)した時点ではもう手遅れって事が良くあると言われますよね?

一昔前の話ですと借金、多重債務、自己破産寸前なんてのは親族以外に外に知られないようにするものででしたし・・てか今もそれは同じなのですが、まずは配偶者や親、兄弟に相談をして、次に弁護士などの専門家に相談ってパターンが多かったようですが、最近は少し様子が変わってきたのでは無いでしょうか?

ひとつはインターネットと携帯電話の普及によって、匿名で自分の借金問題の相談を出来るようになりましたし、過去に同じような経験をした先輩諸氏に、かなり具体的なアドバイスや励ましを貰えるような状態が存在しているって事ですね?

インターネットの匿名性については、匿名性の確保について色々と言われたりしては居りますが、人には言えない多重債務の悩みのような相談には、インターネットの助け合い掲示板のような所での相談は非常に有効だと思いますね。

それも、不特定多数の人が見ているような所で相談する方が、より効果的なのでありまして、理由としてはまず一対一や少ない人数でのやり取りですと、借金問題の相談に対して間違ったアドバイスをされても信じてしまったりしちゃいますが、不特定多数の掲示板などですと、間違いを指摘してくれる人も出てきますし、経験者が出てきて具体的な実例を教えて貰えるチャンスだって増えてきますからね?

私が思うに、今の日本では個人の多重債務解決には自己破産や特定調停、個人再生、任意整理や個別の交渉で問題解決にあたるとか、様々な方法が存在しておりまして、有る意味、得意分野の守備範囲が狭い専門家に最初から相談するよりも、まずはインターネット上で情報を集めて、不特定多数の方にアドバイスを貰ってから、家族や専門家に相談するほうが、良い場合が少なくないのでは?って思います。

物質的な豊かさを求めて借金で首が回らなくなったり、多重債務に陥ってしまったり、自己破産にまで追い込まれてしまう人が多数出てきているのが今の日本なのでは有りますが、それを解決する手段として、文明の利器、パソコンや携帯を使ってインターネットから情報やアドバイスを取り出すって事も出来るんですよね?

本題であります、借金の事は誰に相談するか?って事に対する私の答えは、とにかく家族、信用できる専門家、インターネット上の不特定多数に出来るだけ素早く相談した方が、光の見えるのが早いって事でして、人に言わせると、解決できない借金ってのはこの世に存在しないんだそうです。