住宅ローン破産

報道によりますと競売にかかる住宅が急増しているのだそうで、しかもどうも話によるとこれはまだ序の口で、どうも零細・中小企業を筆頭にボーナスの大幅減や支給の取りやめなどが相次いでいるようですし、大不況による会社の倒産やリストラなどで食を失い収入が途絶えるまたは激減している人が沢山いるのが現状でありまして、マイホームを失うとか住宅ローン破産する人が出てくるのはまだまだこれからが本番になる可能性が高いそうですね。

私自身もサラリーマン時代に住宅を購入してボーナス併用払いを利用致しましたので、起業してから収入の変動が激しくてボーナス時期になるとボーナスが支給されることもなくなりましたので結構苦労している一人なのでありますが、リストラの心配が無いだけましですし、倒産したとしてもそれは自己責任ですから諦めが付くのかなとも思っています。

さて話を住宅ローン破産に戻しますが、解説者の話ですと何でも住宅ローンが払えないだけでしたら早めに金融機関に相談してリスケ交渉をするとか、任意売却などでマイホームを素早く諦めて手放してしまうなりで最小限のダメージで自己破産に至るリスクを軽減出来るようなのですけど、貯蓄を切り崩して親族から借金をして更に消費者金融で借金をしてまで住宅ローンの返済を滞りなく支払おうと致しますと、いつの間にかいやあっという間に借金で首が回らなくなってしまって、自己破産になってしまうって事です。

前にも書きましたが、アメリカで主流のノンリコースローンのように住宅ローンの支払ができなくなったら、家を手放すことだけで住宅ローンの残債がなくなるような仕組みであれば、住宅ローンを支払うために無理して借金を増やして自己破産するようなケースは激減するのではないかと思うのですけど、日本の場合は更に悪名高い昔の隣組の名残のような連帯保証人制度みたいな制約がるから、たかが土地と住宅のために人生暗転してしまう人が沢山出てしまうのですよね。

しかしまぁ考えてみればどうも日本の住宅産業ってのは土地の価格が右肩上がりで推移することを前提で考えていたような節がございまして、右肩上がり状態であれば別に住宅ローンが支払えなくなっても、家を売却すれば住む話になる場合が殆どになるのですが、人口減でごく一部の地域を除いて土地の価格が下がる現状では、家は失う借金が残る行き着く先は自己破産って暗い状況になっているのですよね。