エコ替えの失敗と批判

企業が行うキャンペーンの類は、自社製品の売り上げを拡大する為に行うってのは言うまでも有りませんが、やり方やキャンペーンの内容を間違えると拡販や販促になるどころか、かえって企業イメージを低下させて逆効果ってのが、トヨタ自動車が行ったエコ替えキャンペーンでは無いでしょうかね?

トヨタ自動車が行ったエコ替えキャンペーンとは簡単に書きますと、今乗っている自動車をさっさと買い換えて今よりも燃費の良い車に乗り換えれば、消費するガソリンが減少してCO2の排出量が減少してエコロジーに貢献できますから、さっさとまだ乗れる車でも買替えて下さいってキャンペーンなのですが、まあインターネットの検索で”エコ替え”をキーワードにして調べますと、否定的な意見が山ほど出てくるので直ぐに分かると思いますが、トヨタのエゴだとか言っている事がおかしいだとか散々な状況なのでありまして、何故トヨタ自動車ほどの頭の良い人が揃っている企業で、このような逆効果になるキャンペーンを行ったのか不思議なのですが、世界的な不況で自動車の販売台数の急降下を受けて、冷静な判断が出来なくなってしまったのでしょうか?

まあ御為ごかし(オタメゴカシ)って言葉が有りますが、相手の事を思って居るような口ぶりが実は自分の為だったってのを、見透かされてしまったのが今回のトヨタ自動車のエコ替えキャンペーンの失敗だったと思いますが、流石にあれだけの大企業ともなりますと、大々的に打ち上げたエコ替えキャンペーンを簡単に無かった事にするわけにも行きませんし、エコ替えキャンペーンの為に作成したパンフレットの類をまさか、廃棄してトイレットペーパーにリサイクルしましたとも言えませんから難しいところでしょうね?

つまりその消費者も販売しようとする業者も広告代理店も同じ人間ですから、差ほど大きな考え方や能力に違いが有るわけでは有りませんので、底の浅いキャンペーンを急遽考えても効果が出ないばかりか逆効果の場合もあり得るって事でしょうね。

追伸
景気の後退局面では長く使えるものを選ぶってのが普通の消費者の心理ですから、トヨタの車が如何に壊れないでメンテナンスをしっかりすれば長く乗れるかって所をPRすれば、宣伝効果もそれなりにあったと思いますが、エコ替えの場合は全く逆の方向で、エコに貢献したければさっさと新車に買替えろってエゴ丸出しでやってしまったので、逆効果になってしまったのですよね。