失敗しないカラーコーディネイト

カラーコーディネイターでもない私ですが、コラムに勝手なことを書くのは自由でありまして、憲法で言論の自由は保障されていますので、失敗しないカラーコーディネイトについて書いてしまいます。

実は室内のカラーコーディネイトについては素人の私ですが、ホームページのデザインはやっていますので、その延長上で書くことをお許し下さいませ。

基本的には基本カラーを決めることが大切なのでは無いでしょうか?
勝手な推測ですが、カラーコーディネイトが上手なイタリア人なんかは、上手に原色を組み合わせて、コーディネイトしてしまいそうですが、自信が無い方はカラーを統一する事でしょうね?

これなら、自分の決めた色でカーテンやインテリアやテーブル、イスなどを揃えていけば良いのです。

この場合、気を付けなくてはいけないのが、余り派手な色は使わない事でしょう。

この辺りさえ、守れば誰がやっても統一された部屋が出来あがると思いますよ。

追伸

色って不思議なもので部屋のカラーコーディネイトが心や精神に影響を与えて気分が違ってしまうって言われていますから、人間の気持ちなんて単純と言いますか、他愛もない気が致しませんか?

まあそれだったら積極的にカラーを変更して気分を変えるなり、その性質を利用すれば良いのでありますから、まあ楽しいものですねよね。

追伸2

何でもコンピューターグラフィック、CGを利用してパソコンの画面内でカラーリングを色々と変更してコーディネイトをシュミレーションする事が出来るようになってきていますが、まあそれから適当に家具や調度品を揃えてしまいますと、台無しになってしまうのですよね。

何事もバランスが大切なのであります。