電球の寿命

電球の寿命はここ数十年変わっていないそうで、一節によると電球の寿命は少し短くなっているって話も有ります。

今の日本の技術でしたら、今の3倍の寿命が有る電球なんて簡単に作れるのでは?って思ってしまうのであります。

LED・蛍光灯・裸電球と右に行くにしたがって、電力を光に変換する効率が悪いそうで、裸電球は電力消費の効率は悪いは、寿命は短いと来ては・・・ここは技術革新を願いたいものですね?

今、電球のソケットにねじ込んでそのまま使える蛍光灯、つまり電球タイプの蛍光灯が随分とはやり出しているようですが、LEDタイプの室内照明はまだ出てこないのでしょか?

現在、車の照明(ヘッドライト以外)や、登山用の懐中電灯にLEDを使ったタイプが出回っていますが、凄いですよ!

何が凄いかって言いますと、その消費電力の少なさから来る、電池の消耗がなかなかしない事です。

少なめに見積もっても、普通の電球の10倍は電池が持ちますからね?

でもってLEDタイプの電球は切れることがまずないですからね?

じゃあ、環境問題が叫ばれている折、フィラメントを使った電球から、補助金でも出してLEDに変更しなければいけませんね?

追伸
何をいまさらって感じで急にエネルギー不足が叫ばれだしまして、白熱電球の製造が停止して、蛍光灯やLEDへのシフトが急きょ始まったようですね。

蛍光灯は寿命が結構短いですから近い将来にはLED照明となると予想されていますが、聞くところによりますとLEDを製造するための原材料となる金属が不足するかもしれないって事ですから、果たしてどうなるのでしょうかね?

何れにしてもエネルギーをふんだんに使える時代は終わりを迎えようとしているようですね。