カーテンと障子どちらが偉いか?

さて、今回のコラムはカーテンと障子とどちらがエライかについて真面目に考察してみようと思うのであります。
但し、お暇な方以外は読まないほうが良いかもしれません。

基本的に
和室→障子
溶質→カーテン

と相場が決まっているのでありますが、何せ和洋折衷、クリスチャンでもないのにクリスマスをやって、ハロウウインをやって、七草粥を食べて甘茶を飲んでしまう国柄ですから、和室にカーテンがついているのは、普通の家庭でごくごく当たり前ですので、今回のカーテンと障子のどちらが偉いかの考察になってくるのであります。

では各々の言い分を聞いてみようと思います。

障子曰く
「カーテンなんかさ、高温多湿でしかも最近の家は機密性が高いから結露が凄いじゃない、だから白いレースのカーテンなんか直ぐにカビが生えてしまうし、あの風でヒラヒラたなびくのは好きじゃないね、その点俺なんか、毎年大掃除のときに張り替えたら、毎年新品に生まれ変わってしまうしね?
あの大掃除の時に障子を破る気持ち良さはカーテンには出来ない代物じゃない、だから俺、障子の勝ちだよ」

はい、障子さんの言い分でした。

ではカーテンの言い分を聞いて見ましょう
「やっぱりカーテンだよカーテン、だって俺達カーテンは機能が豊富だしね? 遮光カーテンに抗菌カーテン、最近では形状記憶カーテンなんて新顔も出てるしね、障子なんて木の枠に紙を張りつけただけで、昔から全然進化してないじゃないの、火事の予防には防炎カーテンもあるしね、障子なんて火をつければ直ぐに燃えてしまうからね♪ だからカーテンの勝ちだよ」

以上がカーテンの言い分でありました。
個人的には障子の方が好きなのですが、各々の言い分から言えばカーテンが判定勝のような気がするのであります。

追伸

障子は紙がすぐに破けちゃったりするのですが、結構宇簡単に紙の張り替えができる建具ですので、カーテンよりも簡単にリフレッシュが出来るのでありますね。