有名中学校受験

子供の受験は最も早い段階では幼稚園からって事になると思いますが、幼稚園や小学校の受験はまだ親が主役のようなと所が多分にありまして、本当の意味で子供が自分の実力を試す受験は有名中学を受験する所が初めてって事になるのでは無いでしょうか?

※ 特に有名中学校の定義が決まっているわけでは無いのですが、私なりに有名中学校の定義を考えますと、私立であること、附属高校で順調にいけばそのまま大学まで進学が出来る事、他の地域からの受験生が居る事あたりを有名中学校と定義して良いと思いますし、更に多くの人が名前を知っている学校名って事になりますと、名門中学校って事にしても良いのでは無いでしょうか?

ただ自分の子供に有名中学校を受験させる為に、お父さんに頑張って貰って家族毎そっくり引っ越してしまうなんて事も珍しく無いのでありまして、確か私が通っていた杉並区立四ノ宮小学校にも6年生になってから、受験の為にこっちへ引っ越してきた、赤い靴が似合う女の子が居たのを覚えているのでありまして、あの子は有名中学に合格したのか、異人さんに連れられて行っちゃったのか、その辺りの記憶は無いので有りますね。

さて冗談はさておきまして、有名中学を子供に受験させようとする親は、相手は小学生の子供ですから勉強をやいのやいの口うるさく言って、勉強に追い立てるよりも勉強を好きにさせて自分から自発的に勉強するように仕向けるって事が一番大切でしょうね。

何と言いますか、特に男の子の場合ですと遊びたい盛りなので有りまして、勉強に向かわせるのが結構大変な場合が多いのでは無いかと思いますが、子供の有名中学受験の為に引っ越しまでしてしまう場合も有るのですから、子供には頑張って欲しいと親は思うのですが現実は大変なのですよね。

追伸
学習院関係者の方には大変恐縮ですが、麻生太郎総理大臣も学習院初等科から中等科を経て学習院大学まで卒業していますが、怪我を”かいが”って読んでしまうほど基本的な学習能力の欠如をさらけ出してしまっているので有りまして、有名中学に受験勉強に没頭した結果、合格して卒業までしても中身はあの程度って事が知れ渡ってしまったので有りまして、学習院関係者の方には困った事態なのでは無いでしょうかね?

まあ別の視点から考えますと、総理大臣にまで”漢字が読めなくても”上り詰める事が出来たって事で、一部の人に希望を与える事が出来たとも言えますけどね。