受験と夜食について

受験と言って想像される言葉には何故か夜食って言葉が出てきたりするのですが、まあ深夜まで勉強していれば当然お腹は空きますし、脳みそをフル回転させると相当のカロリーを消費するとの話を聞いた事が有りますので、夜食は受験勉強には必要不可欠な友のような存在だとも言えるのでしょうね。

でここで疑問が有るのですが受験勉強における夜食は例えば普通に炊いた白米のご飯とか、つまりちゃんとお腹に溜まって腹持ちがよいのが最適なのか、うどんと・お粥のような消化が良い食べ物が最適なのか、もしくはチョコレートとかブドウ糖のようなストレートに吸収されものが最善なのかが気になる所で有りますね。

勿論、フランス料理のフルコースとか会席料理を受験勉強の夜食に用意するなんてのは論外なのですが、個人的な考えとしては空腹が感じなければ何でも良いので有りまして、スルメ辺りが口を良く動かして体の血の巡りが良くなるような気がしますし、チョコレートやブドウ糖のように虫歯になったりしなさそうですから、ベストでは無いでしょうかね?

なにせ人間はお腹がふくれている状態で夜になりますと、頑張っても眠くなってしまうのが普通ですから、普通にカップラーメン一個とか鍋焼きうどん一人前なんてのはもってのほかでは無いかと思うので有りまして、お母さんも受験生の事を思うのでしたら、お夜食は控えめにする事が大切だと思うので有りまして、スルメを一枚位で宜しいのでは無いでしょうか?

※医学的な知識は全くありませんから、スルメなんて奴は消化が結構悪そうなので、もしかしたら血の巡りが脳みそよりも胃袋に行ってしまうかも知れませんので、受験生のお夜食にスルメを出す場合は自己責任でお願い致しますね。

それと個人的には勉強は時間よりも集中力のほうが大切だと考えるので有りまして、勿論必要な勉強時間を確保しないと元も子もないのでが、例えば夜中の零時まで夜食も食べないで一心不乱に勉強を致しまして、それが終わったらせいぜい煎餅一枚程度で寝てしまうってのが一番良いような気がするのですよね。

追伸
受験勉強に限らず夜食需要ってのはコンビニエンスストアにしろ即席麺(カップラーメンの類)に多大なる貢献をしているようで、たぶん夜食需要が無くなってしまえばコンビニも即席麺業界も大打撃を受けるのではないかと思いますが、食料自給率が50%を大きく割り込んでいるのですから、もしかしたら夜食禁止令かなにかをお上が出して、夜の十時以降の食事を禁止したら食糧自給率は直ぐに10%位上昇するかも知れないですね。