効率の良い勉強方法

その昔の受験戦争と言われて居た進学競争が激しかった頃には四当五落(睡眠時間が4時間なら合格して5時間も寝ているようだと不合格になる)とか、最近の受験生でも昨日は徹夜して勉強したとか、何時間勉強しているって事が話に出たり致しますが、冷静に考えると本当はどれだけ短い時間で効率的に理解して知識を吸収して勉強をしたかという部分を考えても良かったのではないかなって思いますね。

勿論ね受験ってのは他の受験生との競争ですから自分が睡眠を取っている間も、他の受験生が机に向かって勉強していると思えばおちおち寝ていられない気持ちも理解できますし、自分の心の中の問題でも、徹夜で勉強した=やれるだけめいっぱい勉強した=だから大丈夫、合格するって感じで自信が持てる部分も大きいのですけどね。

それとまあ私自身が勉強が嫌いな子供だったので書くのですが、私のような勉強嫌いな子供の場合は、勉強方法とかを論じる以前の問題が有るのでして、如何にして気を散らさないで参考書や教科書に向かい合って、ゲームだの漫画だの友達の事だの、最近では携帯電話の存在も大きいと思いますが、そーゆー邪魔者達の登場を阻止するかってのも大きかったですね。

ある人に言わせますと、気が散る事を先に徹底して飽きるまでやって遊び飽きてから勉強に集中するなんて意見も有ったような気が致しますが、実際の所はそんな事をしましたらかなりの受験生が遊びの世界に入ったまま戻って来なくなるのでは無いでしょうかね?

ですから、本人が無理であれば保護者がですね時にはテレビもゲームも漫画も何処かにしまい込んでしまって鍵をかけてしまう位の対応が必要で、受験勉強の邪魔者が出てこなくなってから初めて、勉強法をどうしましょうかってステージに進めるのでは無いでしょうかね?

で本題の勉強方法について書き進めようと思いますが、基本的には勉強方法に王道無しなのでありまして、長期中期に一日単位それと達成度などの目標を設定して何が何でもやり遂げるって気持ちが重要なので有りまして、気持ちさえしっかりしていましたら、理解と反復の繰り返しでしかないのですよね。

追伸
つい楽をしたいって気持ちは充分理解できますが、妙な学習器とか寝ている間に記憶が出来るとか不思議な教材には手を出さない事が大切だと思うので有りまして、繰り返しになりますが勉強に王道無しって事と、基本は気持ちの持ち方と集中力だと思いますよ。

では受験生の皆さんのご健闘をお祈り申し上げます。