学習塾選び

学習塾選びは子供の年齢が小さければ小さいほど難しいと言われていまして、まあ高校受験の中学生にもなりますと、一定以上の教育能力が塾側にあれば、少なくともマイナスにはならないのですが、小学生相手の塾になりますと学習効果が如実に出る場合と、幾ら塾に通っても成績が上がらない場合と分かれてしまうようで有りまして、受験生を持つ親としては塾選びも考えてしまったりするので有りますよね。

まあ地方で学習塾が一カ所しかないような状況でしたら、学習塾選びも何も通わせるかどうかの二者択一になるのですが、複数の学習塾が乱立するような地域になりますと、結構慎重に学習塾選びを行いませんと、おいそれと途中で変更するような非効率な事は出来ませんから、慎重にならざるを得ないのですよね。

個人的にベストだと思う学習塾選びの方法を書きますと、可能な限り授業風景を見学させて貰って決めるのが一番良いと思いますね、勿論、友達が既に通っていてその友達からの情報とか評判も大切だとは思いますが、やはり親と子供が授業見学して塾を決めるのがベストだと思いますし、頼んでみれば多くの学習塾で授業風景の見学を歓迎していると思います。

たぶん、無いとは思いますが、授業見学を一切許さずにやたらと入学手続きをせかすような学習塾ですとか、やたらと前払いで多額の授業料の納入を迫るような学習塾だけは避けたほうが良いと思うので有りまして、妙な悪徳学習塾に子供の勉強を見て貰うのでしたら、塾に行かせないほうが余程ましだと思いますね。

ついでに書きますと、少子化の影響で子供の数は間違いなく減少していきますから、生徒不足=資金難で倒産や閉鎖に追い込まれる学習塾が出てこないとも限らないと思うのですよね。

なにせ受験前に閉鎖(倒産)でもされてしまいますと、金銭的には払い込んだ入学金も授業料も教材費も先ず返って来ないですし、何しろ塾によって勉強方法やカリキュラムが微妙又は大幅に違いますので、経営的に大丈夫かどうかを見極めるって事ももしかしたら学習塾選びのポイントになってくるのでは無いでしょうかね?

この学習塾が経営的に大丈夫かどうかって点につきましては、抱えている講師(教師)の数と、通っている生徒の数と月謝(授業料)から予測すれば大まかな所で、経営的に大丈夫かどうかは推測できると思いますので、あまりに講師(教師)の数や設備に比べて、生徒の数が少なすぎる塾ですと、少数指導で喜んでいた所、ある日経営不振で閉鎖なんて事にならないとも限りませんで、この辺りも注意が必要では無いでしょうかね?

こう考えますと、学習塾選びってとっても難しいですよね。