学校間の学力格差

今回はその昔に私が肌で感じた事から書こうと思いますが、転校すると学校間の学力格差にびっくりする事が少なく無いので有りまして、私の体験では東京都杉並区立の中学校から千葉県市川市立の中学に転校した時には、もの凄く学力の差を感じたので有りまして、公にはなっていませんが公立と私立はもちろんの事、近接している中学校でも時として結構な学力の格差が有るのでは無いでしょうかね?

まあ教師はロボットでもコンピュータでもC3-POでも無い生身の、正真正銘の人間ですから、いくら指導要領に則って全国均一な授業を進めようとしても、教員の指導力とか伝える能力とか経験の差によってどうしても子供の学力に差が出てしまって、それを完全に無くす方法も無いと言って良いのではないでしょうか?

そんな中、全国学力テストの結果公表が大阪府知事の橋下知事を始め詳細データを公表するしないで、賛否両論、けんけんがくがく、議論が出ていますがどうも教員を含めて公務員に属する人達は競争のない世界に住みたがると言いますか、比較されるのを極端に嫌って澱んだぬるま湯の中で、生きていきたいって心底思って居るのでは無いでしょうかね?

全国学力テストの結果を隠したい派の言い分としては、学校間の過度の学力テストに対する競争が発生してしまって、頭の悪い子を試験当日に休ませたりする行為が出てきてしまうからって理由らしいのですが、そーゆー行為を無くすほうに頭が回転しないのでしょうかね?

さて話を学校間の学力格差に戻しますが、多くの学校を見たわけでは有りませんが、一部の能力不足の教員によって、もの凄く学力が劣ってしまう教科が有るクラスとか学校が存在しないとは言い切れないと思うのです。

勿論、非公式に学校間の学力格差に関して是正の力や問題教師の矯正が行われて居るとは思いますが、小学校とか中学校で例えば1年間にわたって、能力不足の教師に担当されてしまったら、たまったもんじゃ無いので有りまして、個人的には全国学力テストの結果は事細かく公表致しまして、多くの人の英知を集めて良い方向に進めるべきだと思うのですよね。

やはり競争がないと発展や発達のスピードが極端に遅くなるって事は歴史がしっかり証明しているので有りまして、実際の所、競争の弊害なんて事は競争による発展や発達に比べたら微々たる物なので有りまして、厳しい生存競争によって人間が発達して、企業も日夜ライバルとの競争で高品質の商品やサービスの提供が出来るようになってきたのですね。