新・学習指導要領

ゆとり教育の反動と言いますか、ゆとり教育のしっかりした検証も無いままに、新・学習指導要領では学習量の増大が図られていますが、今回の指導要領改訂で最も話題が大きかったのは公立高校の英語の授業において、英語の授業中は全て英語で授業を進めるって所で、つまり日本語が全く使えなくなってしまうので有りまして、想像するに生徒にとってはメリットが非常に大きいと思いますが、教師側がついて行けないのでは無いでしょうかね?

まあ日本の今までの英語教育はいくら勉強しても文法を覚えてスペリングを覚えて読み書きが出来るけど、英会話は一切出来ないって非常におかしな教育に何の異議も出ないまま続けられてきていましたので、やっと是正されるって所でしょうね。

ただここで気になるのが2点有りまして一つは大学受験との整合性ともう一つは巷で言われて居る教師が対応できるかどうかって所ですね。

まず大学受験との整合性の問題ですが、今回の学習指導要領の改訂の目的の一つに、公立高校の復権が言われておりますが、確かに大学受験にしか役に立たないような英語学習よりも、実社会に出てからとても重宝する英会話の習熟のほうが、生徒の為になると思いますが、大学受験する際の入学試験が今まで通りの、筆記試験中心のままですと、少し受験には厳しい事にならないでしょうか?

一応、最近は英語のヒアリングは試験に有りますが、スピーキングつまり喋るほうの試験は先ず無いですし、仮に教える高校教師のアクセントやイントネーションがメチャクチャの日本語英語だったらもっと悲惨な事になってしまいますよね。

つまりここで、教える側の高校の英語教員の質が問題になってくるので有りまして、何と言っても筆記試験に強いけど実践の英会話は苦手な英語教師なんて珍しくも何とも無いのが現状ですから、授業が進められるかどうかって事や、まともな発音で指導できるかってのには、大きな疑問が出てしまうので有りまして、特に 40歳を過ぎた英語教師などで、今か研修などしましても、ネイティブな発音を身につけるのは至難の業でしょうね。

まあ現代でしたらDVD などの各種、文明の利器が御座いますのである程度は、それらの文明の利器を活用した授業でカバーが出来るとは思いますが、今回の新・学習指導要領の英語の授業につきましては、かなり英語の教師側のハードルが高いのでありまして、混乱が生徒に影響を及ぼさない事を願うので有ります。