数学の公式の覚え方

まあ受験勉強を経験して希望校もしくは第?志望校を卒業して社会に出ますと様々な職業に従事して生計を立てていくことになりますが、まあその頃には折角覚えた数学の公式なんてのはすっかり忘れてしまっているはずですが、それでもまあ数学の受験は公式を覚えないと一歩も前に進めないような所が有りますので、今回のコラムでは私なりの数学の公式の覚え方について書いて見ようと思います。

でね私が思うには数学の公式を覚える方法は急がば回れって言いますか、一段飛ばしにしてもいけないし時間をかけることが一番早く頭の中にきちんと公式が格納される方法では無いかと思いますね。

つまりその小学校に入って算数(数学)の公式に最初に出会うのは面積の求め方だと思いますが、とにかく図を使って時間をかけて先ずは長方形とか正方形などの正四角形の面積の求め方から始まりまして、次に平行四辺形なんてのも何で底辺×高さなのかって事をちゃんと図を使って切り取ったりしまして、教えてくれたか全員理解できたじゃないですか?

で私の記憶の限りでは台形の面積とか三角形の面積の求め方位までは結構親切丁寧に、原理と言いますか何でそーゆー公式が出来上っているのかって部分から教えて居ましたから、大人になっても忘れませんし、別に電卓やパソコンを使うようになっても、原理が分かっていますから他人に教えることも出来るのですよね。

でこれがね、中学校高校と進んで行きますとまあ教育カリキュラムの関係上かと思いますが、まぁより高度な公式を使って解く問題になっているにも関わらず、根本の原理を解説して理解させる部分に時間を取らなくなって来るので有りまして、まあはっきり言って数学は頭から暗記しようとしても駄目で、原理を理解する必要が有ると思うのですよね。

ですから公式とにらめっこして暗記致しましても、原理が分かっていないと受験日当日までに忘れてしまう可能性も高いですし、暗記主体の勉強ははっきりいってつらいことが多いですから、少し効率が悪いと思っても、数学の公式に関しては時間をかけて基礎から理解しておいたほうが、結局はしっかり頭の中に格納されると思いますよ。

追伸
学校を卒業するまでは受験や試験用に計算力が必要ですが、実社会に出ますと今度は計算高い人間が上手に世の中を渡り歩いていったりするので有りますが、公式をしっかり暗記している計算が得意な人間と、計算高い人間の間には共通点は無いので有りまして、能力としては全く別の能力って事になるのであります。