効率アップの勉強法

受験勉強でも何でもぎりぎりの追い込み段階になったら効率アップなんて考えて居る暇もないと思いますが、大学受験とか高校受験の一年前位にいよいよこれから本格的な受験勉強のスタートって事になりましたら、早い段階で効率よく勉強できる方法を会得しておいた方が、今後の受験勉用にとっても有利だと思いますが、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

でね今回は先に結論を書いてしまおうと思うのですが、勉強の効率アップを図るのでしたら先ずは一ヶ月間の学習計画を立てたら、いかにその学習計画を短い時間でこなしていけるか、つまりは勉強の効率が上がるに従って勉強時間が短くなって来る事になりますが、家族とか本人も勉強する時間が短くなって来るってのは結構不安が募るのではないかと思いますが、ちゃんとしっかりした学習計画を立てていれば、効率アップによって一日の勉強時間が2時間とかになってしまっても、それはもう安心してしまって良いのでは無いでしょうかね?

もしくはね、一日の勉強を始める前にやるべき内容と合わせて終了時間をしっかり決めてから勉強を開始するのでありまして、これは私が社会人になってからほぼ全ての仕事に取りかかる前に決めている事ですが、少々キツイかなって感じの終了予定時間を自分で決めてしまって、それを意地でも守ろうとしますと何となく自然に、効率が上がると言いますか集中力が出てくるのですよね。

まあ違う事をおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、効率が上がる勉強法ってのは細かいテクニックとか勉強のやり方とかは二の次、三の次で実際に効率を一番左右するのは、如何に集中力を発揮するかって部分が大きいと思うのですよね。

勿論、勉強は長くやれば良いってものじゃ無くて、短ければどうでも良いって事でもどちらでもないのですが、目標の一つにね時間って事を入れると、意識が違ってくると言いますかやっぱり間違いなく効率が良くなってくるのですよね。

追伸
受験勉強なんてやって社会に出てから何の役に立つのって疑問が湧いてくる事も過去にあったかもしれませんが、今にして思えば受験勉強によって集中力とかそーゆーものを身につける事が出来たような気がするので有りまして、そのお陰で現在仕事で集中しなくてはいけない場面で力を発揮できているような気もするのですよね。

ですから今現在、受験勉強に日夜頑張っている人は将来きっと今の苦労が役に立ちますので、頑張って下さいね。