大学や高校の中退について

これは報道されていた話なので知っている人も多いと思いますが、授業料が払えなくて大学や高校を中退せざるを得ない人が急増しているのだそうで、正確な統計では無いらしいのですが、学業不振つまり勉強について行けなくて学校を中退してしまう人よりも、学費が払え無くて仕方が無く諦めるって、これで経済大国だとか世界一豊かな国だとかは言えない国ってのがはっきりしたのではないでしょうかね?

で本人に学業に勤しむ意欲が無くてとか、他にやりたい道が見つかって中退するのでしたら本人の意志で納得の中退なのでしょうが、経済的な理由での中退の場合でしたら、睡眠時間を削ってまで頑張ってきた受験勉強の時間ですとか、納めた入学金とか途中までの授業料とか今まで出席した授業とか、多少は知識として残るのでしょうが、大部分がパーになって大学中退なら高卒と一緒で高校中退なら中卒と一緒って事になってしまうので有りまして、大学はともかく高校中退者に対する何らかの援助を強化する必要が有るのではないでしょうかね?

つまりその高校中退者ってのは失礼な書き方になってしまいますけど、基本的に中学卒業としか見て貰えない場合が多いですから、相当働き口に制約が出てしまうのは間違いないのでありまして、例外もあるでしょうけど低所得者が増えるって結果になってしまうのでは無いでしょうかね?

でね、低所得者が増えるって事は国の税収も延びないどころかマイナスになる事だって有りますし、低所得ですと家も車も買えないとか消費そのものも収入に合わせることになりますから、国全体の消費がしぼんで国力がどんどん落ちてきてしまうでしょうね。

ですから理想としては高校までを義務教育にすべきなのですが、公立高校と私立高校の数を考えますと難しそうですので、学費の融資制度を学年途中からでも利用しやすくするなりの、制度の改正が望まれますよね。

追伸
随分前の話ですが女性は子供を産む機械だって発言で、既婚女性はもっと沢山子供を作れ的な話が物議を醸したのですが、はっきりいって今の教育費・養育費では中流以上の収入が無いと子供を大学卒業まで面倒を見るのは2人が限度でそれ以上の子供がいますと、生活が相当苦しくなってしまってまともな生活維持が難しいのでは無いでしょうかね?

たぶん二世議員にはそこまでの考えが及ばないと思いますし、所詮は自分が議員で居られて子息が世襲できれば後はどうでも良いって考えているのでは無いでしょうかね?