少子化と受験産業とか

日本が少子化に向かっているって事は良い事も沢山有りますが、日本全体で過疎の村のような状況になるって事でも有りまして、様々な産業がジワジワと影響を受けるので有りまして、中でも受験産業なんてのは相当の影響を受けてしまうのでは無いでしょうかね?

つまりその人口が減った分だけ消費や需要が減るってのは当たり前の話なのですが、その場合は人口が減少した分だけきっちり需要が減ることになりますけど、受験産業の場合は受験生が相当の競争状態に置かれて居て、平均的な学力の子供でもそれなりの受験対策をしないと希望校には入れないってのが前提で、産業が成り立っていますから逆に学校側が生徒集めに腐心するような状態になってしまいますと、産業として相当厳しい状態に置かれてしまうわけですよね。

まぁその日本の子供の学力が低下傾向に有るとか、その影響についても色々言われていますが、もしかしたら学校を増やしたり教員の数を充実させるよりも、逆のことを行ったほうが学習レベルが上がるかも知れないなって思ってしまいますね。

今の子供達にとっては大変かも知れませんが、学校の数をいっそのこと減らしてしまいまして、受験戦争と言われた時代ほどの競争が起きるようにしてしまえば、中学生や高校生は頑張って勉強しないと希望校には入れないって状態になってしまいますので、目の色変えて勉強するでしょうねって事です。

ただ個人的には今までのような総合学習主体の学校教育は中学生までの話で、高校生から大学生まではもっと専門分野に特化した教育制度に改めていく必要が有るのではないでしょうかね?

なにせ最近ではちゃんと四年制の大学を卒業しても、非正規社員でしか働く職場が見つからなかったり、最初の職場で失敗してしまいまして、その後はフリーターになってしまったりと、確固たる専門分野と言いますか、得意な業務がはっきりしないで、ただ大学を卒業しました、仕事は言われたとおりに頑張りますって言っても、そんな人材を欲しいって企業が居るとは思えないのですよね。

ですからどうせでしたら、過去の受験勉強から形態を変化させまして、学生の間に如何にして社会に出てから戦力になれるかって部分に注力すべきでは無いでしょうかね?

なにせ今の企業の多くでは右も左も分からない新卒の新入社員を入社させて一から教育して数年かけて戦力にしていくことが出来るほど、余裕のある企業があるとは思えませんからね。