学習計画は誰が立てる?

えっとお金でも受験勉強でも選挙でも計画性とか戦略がないと余計なところに時間と労力を使ってしまって、労多くして益少なしって最悪の結果に終わってしまうので有りますけど、とにかく今回のコラムでは受験に関する学習計画について、考えて見ようと思います。

でね基本的に学習計画ってのは受験生本人が立てる筋合いのものだと思いますけど、なにせ中学受験にしても高校受験にしても基本的に殆どの人が一生のうちに一回しか経験しない、つまり誰もが未経験の事ですから、場合によっては本人以外のサポートによって学習計画を立てるのを手伝ってあげても良いのでは無いかなって思いますね。

※大学受験だけは2回以上受験される経験者が多数いらっしゃるようですけどね?

でねココで進学塾とか学習塾の個別指導だとか家庭教師の話が出てくるのですけど、私が思うに進学指導と学習能力向上を生業としているプロってのは、単に勉強を教えるのが上手で成績を向上させる事が出来るだけってよりも、目的であります有名高校とか中学とか大学に如何に効率よく勉強が出来て、変な話楽して受験を突破できるような学習計画が立てられる人や企業が優れた進学指導だって言えると思うのですよね。

それとねついでに書きますと、学習計画なんてものはある程度余裕を持って流動的に変化するくらいの気持ちじゃないと、どうも学習計画を守って確実にこなしていく事が最優先事項になってしまいますと、実際はまだ完全に理解できていないのに後の予定が厳しくなるからって事で先に進んでしまって、不安が残ってしまう事だって有りますからね?

ついでに自分の事も振り返って少々書いてみようと思いますけど、一応受験勉強と称して机に向かった記憶だけは少々有るのですけど、何らかの計画に基づいて勉強を進行させた記憶も全くありませんし、何となく苦手な所とか理解できていないところを参考書でぱらぱらめくってみていた記憶くらいしかないのですが、それでもまぁ欲を言わなければ何処かしら入学は出来るのですよね。

追伸
まぁ計画性のない子供は大人になってもやっぱり計画性を発揮できない場合が多いようですし、必ずしも計画を立てて事を進めたほうが上手く行くとも限らないのが現実なのでありますけど、学習塾選びに失敗してしまいますと、計画なんて立てないほうがよっぽど良かったなんて事になってしまうのでは無いでしょうかね?

では皆様のご健闘をお祈り申し上げます。