貧富の差と教育制度

別に大学に行かなくても、人生において大成功と言いますか立派に活動している人も大勢いますし、私の存じ上げている方の中には最終学歴が中学校、つまり中卒で会社を興して東証一部上場にまで会社を大きくした人もいらっしゃいますし、私自身が高卒ですけど一応、企業経営者として10年周年を迎える事が出来たわけですが、私の事はさておき学歴=貧富の差って必ず当てはまるわけではないですけど、やっぱり企業に勤めるって事になりますと、多くの大企業が大卒を採用して高卒は採用しない場合も多いですし、高卒の場合は現場仕事が圧倒的に多いのも事実で、給料の差と言いますか生涯賃金の差も結構大きいのが事実なんですよね。

でね、少子化の影響もあるのでしょうけど大学のほうも生徒集めに苦労して、苦肉の策で海外からの留学生受け入れに活路を見出そうとする大学まで現れるくらい、生徒の確保に躍起になっている状況ですから、両親の収入が一定以上あれば程度はどう有れ 4年生大学に進む事は難しくない状況ですし、両親が保証人になれる程度の社会的な地位があれば、奨学金制度も利用できるのですけど、それすら駄目な場合は下手すると高校進学すら難しいのでは無いでしょうか?

何と言いますか学歴によって人間の価値は関係ないって建前上言われていたりしていますけど、企業入社に際しては学歴による壁はありますし、学歴の差ってのが両親実家の裕福度によって違ってくるって現実は、受け入れなくてはいけないのか、それとも改善し無くてはいけないのか、改善なんて無理なのかは分かりませんけど、世の中は平等じゃないってのが事実かなって思ってしまいますよね。

ただねぇ難しいのは現代の仕事現場におきまして、大学卒業の必要性と言いますか、本当は学歴なんて役にも立たない場合がとっても多くて、人間性だったり協調性だったり、その他の事のほうが社会や企業に必要とされている場合が多いので有りますから、逆に大学進学者の数を現在の半分くらいにしてしまったほうが良いのかも知れないですよね。

もし大学に進学できる人の数が現在の半分くらいになりましたら、受験生は大変でしょうけど相当勉強しないと合格しませんし、大卒者の比率が半分以下に下がれば高卒とか中卒者にも新しい希望がもしかしたら出てくるかもしれないですからね。

追伸
しっかし金持ちの御曹司として生まれて、漢字もろくに読めないのに総理大臣にまでなってしまう人が居るってのも、何だか変に思って居る人も多いのでは無いでしょうかね?