後退する?高学歴社会

確か私の記憶では日本ってのは世界でもトップクラスの境域水準で分盲が一人もいない素晴らしい国であったと思うのですが、いつの間にか大学生を筆頭にして知識水準はどんどん低下しているようですし、一説によると教員や教授の水準が落ちているって話も有りますからね。

そんな中で、報道によると大学四年間でかかる教育費が約700万円也だそうで、収入格差が広がって世帯年収で500万円以下が過半数を占めようとしている現在の日本では、大学進学率が落ちないと計算が合わないのでして、国力もそれに併せてどんどん落ちていくのか、別に大学なんて行かなくても勉強なんて出来るし、インターネットが発達した現代では情報を入手するのも簡単になったので大学進学率と国力や国民の知的水準は関係ないのかどちらなのでしょうかね?

でね大学進学率が低下すると学閥ってやつがより強固に閉鎖的になるような気がして少々心配なのですが、元々学閥なんてのは狭い了見の人々が集まって既得権益だか集団だか何だか分からないですけど何かを守っている集団で時に排他的な集団意志を持っていますので学閥を重んじるような集団は百害有って全部毒みたいだと思っているのですよね。

さてまぁ学閥批判をこんな所で書いていても当の本人達は何にも思っていないでしょうから別の話題にしようと思いますが、今現在の労働者の中で大学教育を受けていないと勤まらないって職業はどの位あるのでしょうかね?

どんな職業でも別に大学なんて進学しなくても大丈夫だとも言えますし、一部の研究開発職に関しては大学で専門分野として研究してこないと社会に出て難しいって言えるのかもしれないのですが、勝手の判断いたしますと大学への進学率は一割くらいで充分だと思いますね。

ただその大部分の方が高卒で働けばよいって訳でも無くて、専門分野だけに特化した形で専門学校に通うとか起業の準備をするとか、社会に出て働く前に大学以外の選択権をもっと広げる事と、専門分野にもの凄く特化したスペシャリスト養成みたいな選択権が増えるべきでは無いでしょうかね?

まぁ勿論そうなるためには今現在の新卒採用偏重の企業採用の実態から変えていく必要が出てきてしまうので有りますが、中々難しいでしょうかね?

ただ企業としても大学を出た以外に何の取り柄もないって人間を安易に採用しなくなる方向には進んでいくのでは無いでしょうかね?中々ものの考え方がシビアになって来ましたからね?