受験勉強と息抜き

勉強ばかりしていないでたまには息抜きでもしないとって自分に言い聞かせて、どうも勉強している時間よりも息抜きしている時間のほうが長いって人の場合は、並外れた集中力の持ち主で少しの勉強時間で一を聞いて十を知る人なのか、もしくは単に勉強が嫌いでなるようになるとしか思っていない人なのか、たぶん後者のほうが多いような気がしますが今回のコラムでは受験勉強と息抜きについて書いて見ようと思います。

私の頭の中で思いつく代表的な?勉強中の息抜きと致しましては、軽く散歩するとか体操するとかってまことに宜しい息抜き方法に始まりまして、あとはお茶とおやつってのも悪くない息抜きだと思いますが、これがテレビゲーム方面とか漫画を読むなどと言った息抜きになって参りますと、人によっては息抜きに出かけたまま勉強に中々復帰できなかったり、漫画やゲームに熱中するあまりにさっき記憶したことを忘れてしまうなんて弊害も有りますから、そーゆーよくない息抜きをするのでしたら、30分の仮眠をとるって息抜きのほうが余程効果的なのでは無いでしょうかね?

まぁ冬山に一人で入って行って帰って来れなくなるような危険性はありませんけど、結構な受験生が息抜きの為に勉強から離れたまま、その日は帰ってこられないって事も有るのでは無いでしょうかね?

まぁ不謹慎な書き方になってしまいますが、冬山で遭難した場合でしたら救助隊が救援にやってきてくれる場合も有りますけど、受験生が息抜きに出かけたまま戻って来ない場合には、小学生あたりでしたらお母さんが救援に来てくれるかもしれないですけど、大学受験あたりでしたら自分でそのあたりをコントロールする必要が有るのですよね。

つまりその息抜きってのはフル回転していた頭と、長い間同じ姿勢で机の前に座っていた体を休めるために存在するって考え方で、息抜きにも良い息抜きと悪い息抜きがあるって事を理解しましょうって事です。

追伸
しっかし実際の所は勉強が楽しくて集中している時には息抜きなんて全然必要なくてむしろずーと勉強していたいと思ったりしますが、逆にどうも集中できなくて頭にも入っていかないって時には息抜きして気分転換ばかりになってしまいまして、時間ばかり過ぎていってしまうのですよね。

まぁインターネットで受験勉強の息抜きについてのコラムを読んでいるようでしたら、あまり勉強に集中していないなって事は直ぐに分かりますけどね。

では、頑張って下さいませ。