脳トレは効果なし?

さんざん効果を宣伝されて爆発的にヒットして売上がピークを過ぎた頃に実は効果が無かったなんてデーターが出てくる事は今に始まったことじゃなくて、海藻入り石鹸とか超音波美顔器だとかなんとかダイエット法だとか数え上げればキリがないのですけど、イギリスで1万人を対象に脳トレゲームの効果について検証したところ効果が認められなかったと発表されましたね。

何でも一定時間を6週間の間にわたって脳トレゲームを続けて貰ったグループと他のグループとではゲームの成績が向上した以外には理論的思考能力や短期記憶能力の向上は認められなかったとの事で、毎日一生懸命脳トレゲームをやってきた人にはがっかりしたニュースだったのではないでしょうか?

しかしですね例えばゲームの将棋ソフトでコンピュータと対戦するとか漢字のクイズに答えるとかパズルを解くとか、どう考えてもゲームであろうとなかろうと頭を使って考える行動を取るって事は能力が高くならないまでも少なくとも能力低下を防ぐ効果くらいは有ると思うのですよ。

さらに書き加えますと今回の実験は6週間かけて行われたそうですけど、一日10分で週に3日以上の脳トレゲームの利用で脳の能力がはっきりわかるほど向上するのでしたら、苦労する受験生なんてものは人りもいなくなってしまうと思いませんか?

思うに一年間の間にわたって各種脳トレゲームを毎日10分間プレイした人と、いつもどおりの生活を送ってきた人とを比べましたらどう考えてもゲーム画面とはいえ、パズルやクイズに挑戦して頭を使ってきた人のほうがの脳みその活性具合が活発だと思うのですけどね。

そんなわけですから既に脳トレゲームを持ている人は暇が有ったらプレイした方がやっぱり頭脳のトレーニングになると思いますし、がっかりしない方が良いと思いますよ。

まぁ受験生の中には勉強の間に休憩時間に脳トレゲームで遊ぶなんて強者もいらっしゃるかもしれませんが、その場合は脳味噌は休む暇もなく動きっぱなしになってしまって全然休憩になりませんから、受験勉強中は程々にしておいた方が良いと思いますけどね。

追伸
科学的に実証されていると思いますが、やっぱり毎日頭を使って考えている人は頭脳の能力が高くなりますし、効果なしの結論は少し早いのではないかなと思います。

ただこの手の発表が有りますと販売元が何を言おうとぱったり売れなくなってしまうのが常で脳トレゲームも姿を消して行くのかもしれませんね。