志望校の決め方と通学費

中学受験でしたらたぶん志望校を決めるイニシアチブは親が勝手に決めるのでは無いかと思いますが、これが高校受験とか大学受験になりますと段々親の影響力が弱くなってきまして、本人や進路指導の先生あたりの意見が強くなってくるのですよね?

で今回のコラムは志望校の決め方って事について書きますが、学費面(親の経済力)と学校のレベルと将来の展望と通学のことを考えて学校の所在地を総合的に判断致しまして決めることになるのですよね?

まず学費の部分ですが今のところ高校無償化の予定で進んでいますので、場合によってはここの部分は志望校の選考理由から外れる可能性が有りますが、子供なんてものはこの辺りはまず無視して考えてしまいますから、親としては頭の痛いところでは無いでしょうかね?

※個人的には子供だって近い将来には社会人になるのですから、この辺りの現実は理解させた方が良いと思います。

さて学校のレベルとか将来の展望はさておきまして通学時間から考える志望校選びってのは、余り重要じゃないようで実は結構重要だったりするのでは無いでしょうかね?

人によっては通学時間に二時間かかったりする場合も有るようですけど、なにせ学校に通うのは毎日のことですし高校に3年間通うと致しましたら往復4時間で年間200日×3年間ですから何と1800時間も通学時間に費やすことになってしまうのでありまして、本人は志望校に合格したんだから我慢できるかもしれませんが、膨大な時間を通学の為に使うのはいかがなものかと思いますね?

それと学費が安いと喜んでいたら電車やバスの定期代の方が随分と嵩んでしまいまして、これだったら自宅から自転車で通える少々学費が高い私立高校に通った方が安くついたとか、折角の高校生活も通学に時間がかかるので疲れてしまって勉強に支障が出てしまうとか、部活に入るもの帰りの時間を考えたら躊躇してしまうなんて事もあるかもしれないですからね?

ですから個人的にはなにか専門的な学校を選ぶ場合は別に致しまして、確固たる理由が無い限りはわざわざ遠くの学校を志望するのは考えものだと思いますし、そもそも学校なんてものは入学してみないことには実際のところ自分に合っているのか、失敗したと思うのか判断がつかないですからね?

ただまぁ学費とか通学費用の事はさておきまして、無事学校を卒業致しまして社会人になりましたら毎日長時間の通勤を満員電車に揺られて過ごすかもしれませんから、学校に通っている間にその練習をしているとも言えるのかもしれませんね?