勉強嫌い克服(を治す)の方法について

私の子供時代を思い出してみますといくら親が口を酸っぱくして勉強しろとわめき立ててもちっとも勉強なんてしようとしませんでしたし、お小遣いを減らすなんて強硬手段に出られそうになりましたら仕方が無いので、とりあえず机に向かうふりだけはした事を思い出すのですが、そんな私が今回のコラムでは勉強嫌いの克服方法について考えてみたいと思います。

さて先ずですね大人になってから勉強嫌いが治っても仕方が無いとは言いませんが高校受験も大学受験もとっくに終わっていますし、私の過去の経験や見聞から推測しますと小学校の低学年時代に勉強が好きで良く出来た子はその後も一貫して優等生である場合が多くて、逆に小学校低学年の時点で既に勉強が大嫌いで成績の悪かった子は、その後も終始一貫して勉強が出来ないままの生活を送るような気がするのですが間違っていますでしょうか?

もし私の推測が当たっているのでありましたら出来れば小学生の低学年時代に勉強嫌いを克服する必要が有りますし、間違っていたとしても出来るだけ年齢が低い若い間に克服してしまったほうが良いですよね?

ただ言うのは簡単ですけど子供の勉強嫌いを克服させるのは並大抵のことではなくて、私の子供の場合で考えてみますとまず嫌いな勉強でしたら集中出来るのはせいぜい一日に30分程度しか無理なので、いかに30分以内に基本的な部分を親が指導して理解させてしまうかってところが勉強嫌いにさせないためのポイントじゃないかと思います。

つまりその低学年の子供に対していかに勉強しないと将来苦労するかとか、重要性を説明してもそりゃ勉強よりも遊びの方が楽しいですから理解しろっていって勉強しなさではかえって逆効果になるだけだと思うのですよ。

ですから少々親は少々大変ですけど小学校二年生くらいまではちゃんと子供の理解度をチェックしながら、とにかく基本的な部分を30分以内で理解させる位の努力と言いますか、ちゃんと親が勉強を見てあげる以外に画期的な勉強嫌い克服法などないと思いますし、まぁ口うるさく言うと勉強嫌いが治るどころか更に大っきらいになっちゃいますからね?

それとですね子供の能力の差もあるのだと思いますが子供が勉強嫌いになりそうな場合、まぁいきなり全科目なんてのは所詮無理だと諦めまして算数だけでも人並みにしてやる位の気持ちの余裕も時には必要でしょうね?

少なくとも何らかの科目が嫌いでなければまぁなんとかなると思うのでありまして、それまで基礎部分をしっかりフォローしてあげる親の力は結構大切なのでは無いでしょうかね?