子供の学校の宿題問題

中学生になる子供がインターネットを使って何か探している、聞くと学校で出た社会の宿題でヨーロッパの何かの資料を探しているようだ。
ものの5分程で目当ての情報が見つかったようで、プリントアウトして宿題完了だそうだ。
別に、ノートに整理して書くわけでもなく、プリンターから打ち出されてきた、ページを持っていけばそれで良いそうで楽なもんである。

ちょっ と気になったので、家にインターネット接続環境が無い家では、どうやって宿題をやるんだと聞いても、さあ?わからない、何かで調べるんでしょ? って答え が戻ってきたのであります。

大人社会で情報格差の問題が一部叫ばれていますが、子供の教育の部分でもそれが現れてきているような気がしたのですよ。

頭に入るか入らないかの問題は置いておいて、インターネットが有れば、10分で宿題が終わってしまい、インターネットが無ければ百科辞典で 調べたりするのでしょうが、かさばる百科辞典が家に置いている家庭も今時少ないと思いますので、図書館で調べないと宿題を出せない子供も出てきちゃってい るのでしょうか?

かくして、裕福家庭は短時間で情報が取り出せて、成績も良くなって進学に有利で一流会社に就職できるチャンスが高くなる・・・は言い過ぎで しょうか?

今回の宿題の詳しい内容は分からないのですが、調べ物を伴う宿題の場合インターネットを活用できる出来ないの情報環境で格差が出ないように したいですね?

追申
子供の昔の担任の先生は個人でホームページを開設されていまして、直接掲示板に書きこんでコミニケーションを取ったり、メールが送れたり出来るようになっ てました、全ての家庭がインターネットに接続出来るような環境になれば、そんな風な子供・家庭・教師のコミニケーション手段が有っても良いとは思うのです が。

追伸2

子供の夏休みや冬休みの宿題を親が手伝うって事が良く有るようですが、手伝ってやってあげるのが親として子供の為なのか、それとも 親がやってしまえば子供の勉強にならないので幾ら頼まれても手伝わないで子供にやらせる親のほうが子供の事を考えているのか意見が分かれる所では無いで しょうか?

個人的な意見としては、まあ親が手伝っても子供の為にはならないですから、自分でやらせるのが一番良いのでは無いでしょうなね。