夏休みの宿題と計画表

最近の子供はどうだか知りませんけど昔は夏休みに入る前には勉強の計画表なんてものを先生の命令で作らされた記憶が有る人が多いと思います。

お決まりの朝早くに起きて午前中の涼しい間に勉強をして遊びにいくのは午後になってからで、朝ごはんの前に1時間勉強して家の手伝いをしてから昼ごはんまでにあと3時間勉強して、夏休みの宿題は計画的に片付けて楽しい夏休みが送れる完璧な計画をみんな立てて休みに突入するわけですよね?

でまぁ多くの子供が夏休みが始まって最初の数日は計画通りに勉強したりするわけですけど、だんだんと朝起きるのが遅くなってきますし夏休み期間中てのはテレビ局の方も子供が家にいるのを知っていますからそれに合わせて午前中は昔の子供向け番組の再放送なんかを流したりしちゃいますから、結局は朝遅く起きてご飯を食べたら勉強そっちのけでテレビを鑑賞致しまして気がついたらもうお昼なんて事になってしまうわけです。

中には気が付いたお母さんが勉強はどうなってるの?なんて聞いたりしますけど、後でやるとか夜やるとか言って午後になるとしっかり友達と遊ぶ約束が有りますから、さっさとでかけて暑いのも忘れて楽しく遊んじゃうわけですよね?

まぁこんな生活が永久に続けば宜しいのでしょうけど、そううまく人生は物事が運ばなのでありまして夏の盛りが過ぎて8月も終盤に入って、秋の虫の声まで聞こえるようになりますと楽しかった怠惰な夏休みも終りが近づいてきまして、学校が始まりますと夏休みの宿題提出って難題が待ち構えているわけです。

でね、このコラムを奇特にもお読み頂いている人に中には子供を持つお母さんですとか、受験生をかかえるお父さんが少なくないと思いますが夏休みも残り僅かになって、宿題の山をかかえてどう頑張っても徹夜しても終わりそうも無いって状態であっても決して手伝ったりしてはいけません。

まぁ一つは自業自得って事を覚えさせる面も有りますけど、時間が無い状態で集中して取り組むって訓練になるのでありまして、まぁ全てが終わらなくても集中してやる練習が出来れば社会に出てからも役に立ちますし、本格的な受験勉強にも役立ちますからね?

けどまぁ最後になって集中してやれば大丈夫だからなんて考えが染み付いてしまいまして、どんな事もぎりぎりにならないと手を付けないような大人に成長してしまってもそれはそれで困るので有りますよね?

では楽しい夏休みをお過ごし下さいませ。