睡魔対策

人の体は毎日の睡眠によってリフレッシュするように出来ていますから幾ら気持ちのほうが寝なくちゃとか、勉強頑張らないとって思っていても眠くなるのは体の自然の摂理に基づくものなので有りますね。

人に言わせると欠伸がでたり眠くなるのは集中していない証拠だなんて言われたり致しますが、そもそも睡魔が襲ってくるから集中できないのでありまして今回はその対策について考えてみたいと思います。

さて私の睡魔対策につて書いてみたいと思いますが、トータル的な効率を考えますと我慢出来ないほど睡魔が襲ってきたり、どうも眠気が高くなった状態で集中出来ていないって感じたら、素早く眠るのですが15分以内の眠りでリフレッシュした方が宜しいと思って実践しています。

だってね受験勉強だって1~2時間に一回くらいは15分くらいの休憩を入れるじゃないですか?

だったら2時間に一回くらいの割合で短い睡眠をとっても何の支障もありません。

ただこれは慣れないと横になったら最後で朝まで眠ってしまうなんて危険性もありますから、タイマーでベルが鳴るようにするとかの工夫が必要かと思いますけど、例え15分でも素早く深い眠りに落ちることが出来て、時間が来ましたらエイヤって感じで跳ね起きて再び勉強なり仕事に立ち向かうことが出来るようになりましたら、相当効率は上がりますよ。

ただこれが図書館の中ですとか見張りが居てサボっていると判断されると花瓶が飛んでくるとか、実は勉強しているふりだけなので途中で仮眠を取るのは問題だって場合でしたら別の方法を考えなくてはいけないですね?

噂によりますと片目ずつ瞑って半分の目だけ眠るなんて特殊技能の持ち主もいらっしゃるようですけど、たぶん殆どの人は無理でしょうから目薬・キンカン・サロメチール・コヒー・ガム・画鋲なんてものを活用する人が多いようですね。

中には軽く体を動かして体操するなんて方法を取る方も有りますが、かなり強烈な睡魔の場合でしたらすぐに眠気が戻ってきますし、伸びをするくらいに致しまして体を動かすのでしたら15分間限定の仮眠をるほうが効果的で、リフレッシュできますよ。

追伸

すぐに睡魔が襲ってくる原因に眠りが浅いって場合も結構多いようですから、睡魔対策を考えるよりも熟睡する方法を考えた方が良い人もいらっしゃるようですから、それはまた別の機会に書くことに致しますね。

では皆様おやすみなさいませ、せめて夢の中では志望校に合格する夢でもどうぞ。