夏期講習と学力アップ

えっと夏休みの間に大幅に学力アップ致しましょうなんて感じで各教育環境業界では、夏休期間ってのは受験生獲得に頑張っちゃう時期なので有りますが、もちろん受験生にとっても学校も休みだし受験対策の肝みたいな時期でも有りますよね?

たぶん私の世代あたりの方が高校受験や大学受験の頃からこの夏期講習ってやつが盛んになってきたと記憶していますが、各社が広告宣伝に力を入れましてあの家の子が夏期講習にいくからうちの子もなんて雰囲気が社会にはびこっていたのでありまして、はっきり言ってこーゆー風潮が出てしまいますと受験生は金がかかるとか、親の経済的な状況が子どもの学力格差に現れてしまう元凶のような気がしませんか?

さて社会の事をここでうだうだ言い始めても始まりませんから私の経験を交えて夏期講習について書き進めますが、率直な意見としてたぶん自分の子供を夏期講習に放り込んだって事で一安心しちゃっている両親の約半分はそれだけで安心しちゃって実は大して学力アップになっていないような気がするのですよね?

つまりその具体的に書きますと、夏期講習だってね予備校とか塾から帰ってきたらちゃんと復習して完全に理解記憶させるなり、身になったかどうかを自分で確認しないとねダメだと思うんですよ。

まぁ受験生自身が危機感を持っているとかちゃんと受験に対する目的意識を持っていて両親がサポートするようなご家庭でしたら大丈夫かと思いますけど、親は親でうちの子はどうも出来が悪いので夏休みに夏期講習に入れちゃえば安心だろうで終わってしまいまして、受験当事者であるはずの子供の方は親に命令された夏期講習にちゃんと足を運んでいれば、あとは遊んでいても親には何も言われないからまぁいっか?なんて感じで夏休みを過ごしちゃうと学力アップどころか学力ダウンにしかならないと思うのです。

私自身の経験ですからこれをお読みの賢明なるあなたは違うと思いますけどね?

追伸
受験産業ってのは面白いもので高校三年生の夏期講習にやってくる受験生ってのは一回キリの話でリピーターになるって事は絶対ないですよね?

まぁ世間の評判ですとか兄弟がいるとかも有りますから、どこも受験生が学力アップするようにカリキュラムを一生懸命考えるのでしょうけど、まぁ夏期講習に通っても学力がさっぱり上がらなくて受験に失敗しても予備校や塾に文句を言ってくる人はいませんし、年が変われば又新しい高校三年生や中学三年生が出てくるのでありまして、そうなってくるとやっぱり広告宣伝も結構う経営に重要なのかな?なんて事を思ってしまうのです。