子供が勉強しない対策

勉強好きの子供になるのかそれとも勉強嫌いの子供に成長するかは小学校低学年に決まるなんて話もありますし、親の性格が遺伝するなんて本気で言う人もいらっしゃいますし、逆に生まれてからずーと勉強嫌いだった子供が中学校に入学したら急に勉強好きになる場合もありますし、一概に何とも言えないから対応が難しい問題について今回のコラムで書いてみようかと思います。

さてまず親の性格が遺伝するって部分に関しては何とも言えませんし、鳶が鷹を生むなんて諺も古くから言い伝えられていますので今回は割愛致しますが、子供に対してしつこく勉強しなさいって命令するのもかえって逆効果で勉強嫌いになるんじゃないかと思っている人が多いと思いますが、確かにその通りだと思います。

でまぁ広く一般的に知れ渡っている子供が勉強しない対策については、ともかく上手に褒めておだてまして勉強好きにしちゃいましょうって方法なのですが、これが簡単そうで子供にやる気を出させる褒め方ってのは実に難しいと思いませんか?

普段から褒めるのに慣れていないと勉強に関係する時だけ急にやたらと褒めるのも何だか不自然ですし、こんな簡単な基本も理解出来ないのか!って思わず子供を叱りつけたくなる場面も出てきちゃいますしね。

思うに子供を褒めて勉強が好きになるように仕向けることが出来るのはせいぜい小学生までの話で中学生になるとかなり難しくなってしまいますし、高校生にもなりますとまず褒めてなんとかしましょうねってのは相当難しくなってしまうのではないでしょうかね?

ですから小学生までは褒めておだてて場合によっては人参(ご褒美)をぶら下げるのが勉強しない対策になると思いますし、それ以上の年齢になりましたら何の為の勉強なのかって事をしっかり考えさせる事じゃないでしょうかね?

つまり勉強するって事は別に親のためじゃないし、何よりも自分のためってのを理解していない子供が勉強しないと思うのですよ。

なので勉強しない子供に対しては学習の中身を理解させるよりも先に何のために学校が有ってテストや試験が有って勉強しなくちゃいけないかの仕組みと現実をまず理解させないと、無理やり強制的に勉強に追い立てても結果はあまり期待出来ないと思います。

私の場合を書きますと社会に出て何年かの時が過ぎ去ってから勉強が何のために必要だったのかやっと理解できたのでありまして、おかげで社会に出てから随分と苦労をしているのです。