教師と相性

当然の話ですけど教師も生身の人間ですから能力の違いは出てきますし、人間性の問題もありますから今まで大嫌いだった科目が先生が代わったおかげで好きな科目になったなんて事はよくあると思います。

これが学習塾でしたらさっさと他の塾に転校ならぬ転塾してしまえば良いわけですけど、学校の場合でしたらそーゆーわけにもいかないですね。

まさか教え方が悪いとかクレームをつける親は居ないと思いますが中々解決出来ない難しい問題ではないかと思います。

でねどっかの衛星授業をやっている塾じゃないですけど、基本的な部分に関しましては個々の教師に任せるんじゃなくて積極的にインターネットですとか画像の配信などを活用すれば全国レベルで学力の均一化が図れると思うのですけどその手の導入に関する話ってのは聞いたことが無いですよね?

例えば授業の約半分は衛星放送ですとかDVDか何かを使って授業を致しまして、後半の授業は質問を受け付けるとか教師が補足で説明をするとか、せっかくIT の技術が進んでまいりまして社会では随分と活用されているのですから、学校の教育現場でももっと活用すべきでは無いでしょうかね?

特に思うのは中学や高校での英語の授業です。

私の経験と推測だけで言えば中学あたりの一部の英語の先生に関して言えば、発音の能力とでも言いますか個人差が相当大きいと思われるのでありまして、この辺りは受験とかペーパー試験では分からない場合が多いと思いますが、何らかの対応が必要な気が致します。

何となくですけど教師ってのは組合の力が強くてそれなりに政治力も有って、子供たちのことよりも自分たちに不利になる事は徹底抗戦する組織のような感じがするのですけど、どうも世界における日本の子供の学力は相対的に低下傾向との事ですから、何かしらの改革は必要だと思います。

なにせ日本は鉱物資源の少ない島国ですし、世界での国際競争もどんどん激しくなっていくに決まっていますから、それに対抗するためにはやっぱり教育しかないと思うのですよね?

追伸

先生も人間ですからやっぱり、えこひいきってやつが目立っちゃう先生も出てきちゃうじゃないですか?

出来の良い生徒をえこひいきする位でしたらまぁ勉強ができるから当たり前かなで納得できる部分も多少は出てくるのですけど、逆えこ贔屓とでも言いますか先生に嫌われたら学習意欲は一気に減退しちゃいますからね?

私の場合は先生にえこ贔屓される事は一切なく、嫌われてしまった先生が一人いましたがその科目は一気に嫌いになりましたね。