図書館で自習

今でも市内の図書館に出かけますと受験生とおぼしき学生さんが机の上に参考書を広げて勉強する姿を発見することが出来ます。

まぁあんまり居眠りなどしていましたら図書館の係員さんが起こしてくれますし空調設備も整っていますし必要な資料が有れば本棚に並んでいるわけですから、受験勉強にはもってこいの場所なのは間違い有りませんね。

一部の図書館におきましてはホームレスな人達のたまり場になって対応に苦慮しているなんて話も御座いますが、こんなことはさておきまして一部では図書館の利用率が下がっているのだそうですね?

折角ご両親が税金を払っていてそのおかげで図書館が建造されて本も参考書の類も揃っているのですから、休日くらいは利用しないと自宅でエアコンを使って電気を消費するのは勿体無いですよね?

日本の多くの受験生は個室の勉強部屋を持っていると思いますが、例えば受験生がこぞって開館時間中は図書館を利用して受験勉強に励むと致しましたら、日本中で相当量のCO2排出削減に繋がるのでは無いでしょうかね?

治安の問題とか人件費の事ですとか色々有るでしょうけど、例えば塾に行けない受験生だって沢山いますし、図書館の開館時間を夜の九時までとか延長致しまして、学校の先生になるために研修中の方なんかがボランティアで交代で質問を受けるような体制なんてどうでしょうかね?

たぶんCO2の削減に大きく貢献するでしょうし、親の経済的な状況で塾や家庭教師を雇えないような受験生が不利な状況を少しでも緩和出来て日本の学力の向上が図れるように思います。

ただし問題なのは図書館が受験生に占領されちゃいますと、他の一般の利用者に少々迷惑がかかってしまうかもしれませんが、まぁ日本の将来を担う受験生の為ですから我慢して貰えば宜しいのでは無いでしょうか?

推測するに図書・出版の分野では電子出版ですとかダウンロード販売なんてのが主流になって参りまして紙に印刷した従来の書籍がどうなるのか分からない状況なんですから、これを機会に有効活用と言いますか稼働率をあげる方向で進んで行けば良いと思うのです。

追伸

図書館によって格差が結構大きくなってきたように思いませんか?

場所によってはインターネットで蔵書の検索が出来たり予約まで出来るところが有る反面、昔ながらの図書館も沢山有るのでありまして、この辺りは市町村の財政状況の関係と大きく関わっているのでしょうかね?

私も今度の休日には図書館に出かけて見ることに致しましょう。