無意味な徹夜

最初に断っておきますが今回のコラムは徹夜明けの状態で書いてますから、支離滅裂な文章になる可能性がございます。

こら鉄矢!じゃなかった、さて若い頃でしたら徹夜明けは妙にハイテンションだったり特に不都合を感じることなく夜を徹しての勉強や作業に勤しむことが出来ましたけど段々と弊害とか無意味さが大きくなってきますね?

まぁ私は徹夜までして勉強したんだぞ!って感じで自分が満足感を得られるとか、他人や監視中の?両親に対してのアピールには繋がるかもしれませんけど、これが一週間単位とかで考えると無意味になちゃう場合が多いのではないでしょうか?

私が中学生や高校生の時分に授業中に居眠りしている生徒・・って自分の事でも有るわけですけど二つの種類が有るんですよね?

一つは遅くまで遊んでて単に授業がつまらないし勉強も良く分からないので居眠りしちゃう人と、もう一つは自宅で夜遅くまで受験勉強に勤しみまして充分な睡眠時間が確保出来ないので授業中に睡眠不足を補っている人です。

私の場合は工業高校でしたから大学進学を志望する場合には学校の授業よりも、受験勉強を優先させる必要があったのではないかと推測致しますけどね。

けどやっぱり硬い椅子と机で先生に注意されないように寝不足を補っている状態でしたら、やっぱり熟睡なんて出来ませんし、睡眠時間×睡眠の質って事で考えましたらやっぱり効率が悪いのでは無いでしょうかね?

勿論ね、試験前日の一夜漬けに毎回勝負をかけて連戦連勝なんて人もいらっしゃるでしょうし、徹夜して一気に何かを成し遂げるほうが効率が良い場合も多々有るとは思います。

それに受験勉強って頭に”受験”がついてますけど、そもそも勉強なんてものは受験の為にやるわけでもなく、将来の自分の為に行うものなのでありまして、試験の為だけにぎりぎりになってから徹夜するなんてのは体にも良くないですし、時間をかけて身に付けた学習とでは理解の度合いが違うような気が致します。

とはいえ私自身がこのコラムを徹夜明けの状態で無意味なことやっちゃったななんて思いながら書いているわけですから偉そうなことは言えませんけどね?

では私の方はしばしの睡眠をこれから取らせて頂きますので失礼致します。

追伸
ふぅ何とか意味だけは通じるコラムがかけたような気が致しますが、これが徹夜が続いてしまっている状態ですと、思考能力が大幅に低下致しましてほんとに支離滅裂になってしまうのですよね?