漢字の覚え方

小学校に上がって初めて漢字を教わった時の事を覚えている人は結構多いと思いますけど、”大(おおきい)”って漢字は人が手足を広げて大きくなった状態から考え出されたとか、逆に小さいって漢字は人が小さくしゃがみこんだ状態を表したとかね?

まぁ社会人になっても人と言う時は日本の線が支え合って立っているなんて例えを良く使う人もいらっしゃるようですけど、漢数字とか成り立ちがはっきりしていて懇切丁寧に説明してもらえれば漢字を覚えるのも別に暗記するもなにも自然に覚えてしまうのですけど、そんな悠長な事が言えるのも小学校一年生までなのでありますね。

で懇切丁寧に漢字を習うことはあっという間に終わりまして代わって登場するのが悪名高き?漢字ドリルってやつなので有りまして、あれって単調にひたすら漢字を書いて升目を埋めて行く罰ゲームみたいなものなので有りましてアレが好きって人は中々いないのでは無いでしょうか?

まぁ何と言いますか基本的な漢字を覚えこむ時期ってのが、遊びたい盛りの小学生時代ですし何の楽しさも感じることが出来ない漢字ドリルを延々とやることに苦痛を覚えたって記憶が残っている人も少なくないのでは無いでしょうかね?

でね私が今頃になって思うのが漢字って編とか作りとか細かいパーツを組み合わせて漢字になるじゃ無いですか?

で大人も子供も感じに関しては読めるけど書けないって大きな壁が障害になっている人がとっても多いと思いませんか?

でしたら小学校時代なんて特にそうですけど、出来上がった感じを覚えて暗記に勤しむよりも、編とか作りとか冠とかニョウを徹底して覚えてしまいましたら、あとはそいつの組み合わせだけの問題ですし、書けなくても読める人なんてのは朧気な記憶でもパーツの組み合わせを思い出して、ちゃんと正解の漢字が書けるようになるような気が致します。

が今頃気がついても遅いのですけどね?

追伸
私の周りのパソコンを使いこなす人に特に多いのかもしれませんけど、漢字をどんどん忘れてしまって書けなくて苦労しているって凄く多いのでは無いでしょうか?

普段はパソコンを使っているのでペンをもって文字を書く機会が殆どなくて、何かの打ち合わせの時に紙にノートをとる必要に迫られて、殆ど漢字が書けないので仕方がないので平仮名と片仮名ばかりのとても他人にはお見せ出来ないようなノートって結構多いような気が致します。

まぁ小学校時代に真面目に漢字ドリルに取り組まなかったつけといっても過言では無いですけど、小学生の自分にはそんな未来のことなどわかりませんので遊び呆けていたのであります。