宿題の追い込み

まぁ昔と違いまして最近は親がうるさいですから宿題を忘れる・・てか実はヤル気がなくて遊んでいてやっていないだけで確信犯的にやっていないだけのですけど、とにかく宿題をやってこなくても廊下に立たせるとか体罰などもってのほかって感じなのでしょうけど、昔ほど宿題を忘れた際の罰は厳しくないと思います。

でね大人になればなるほど時の経つのが早くなると言われる・・じゃなくて実際にそう感じるのですけどつまりその子供の時代の時のな流れはずっとゆっくりで一ヶ月後なんてのは相当未来に感じてしまうわけじゃないですか?

一学期が終わりまして宿題のドリルやら展覧会に参加する絵をかく夏休みの課題ですとか、誰が考えたかってまぁ出版関係者だと睨んでいるのですけど課題図書の感想文だとかとにかく、ずっしりと夏休みの宿題をランドセルに詰めて家に帰ったら楽しい夏休みのスタートなのです!

でまぁ夏休みが終了するのは一ヵ月半も先のことですから、当分先と言いますか未来の話なのでありまして、それよりも友達と遊ぶ約束を破るわけにもいきませんし、プールにだって行かなくちゃいけないし、おっと今日は夏休みドラえもんスペシャルを見なきゃいけないし・・。

なんてまぁ子供は子供なりに付き合いもありますし、色々と忙しいのでありまして日常業務?に忙殺されていますとあっという間にときは流れ気がつくと3日後には新学期が始まるじゃないか?

ただ私の経験から書きますと8月に入りまして一日進むごとにだんだん”夏休みの宿題”って文字が心のなかで大きくなってまいりましてその分だけ心が重たくなってくるのですけどね?

ってことは新学期が始まる日は始業式だから宿題は家に忘れてきましたで誤魔化せると致しまして3日間で宿題をやっつけなくてはいけない追い込みが始まるわけです。

※中には塾通いが忙しくて中には宿題を出す塾まで存在するのでありまして、そっちのほうに手を取られてしまう可哀想なお子さんもいらっしゃるかもしれませんが。

そしてある子供は眠い目をこすりながら、又ある子供は見るに見かねてお父さん・お母さんにお爺ちゃんお婆ちゃんと一家総出の恒例行事が始まったりするわけですよね?

まぁ何時のまにか夏休み終わりの恒例行事になってしまった家庭の家族はたまったものじゃないですし、最近は少ないですけど子どもが多い五人兄弟にでもなってしまいましたら、それはもう修羅場になってしまいますよね?