無意味な無利子国債

外需に頼っている以上はアメリカの景気回復がなければ本格的に日本の景気も良くなるわけがないと思いますが、それでも何もしないと批判が出る関係上?政府与党の自民党や公明党で策が出てくるのですが、現時点で出ている政府発行紙幣と無利子国債について思う事を書いておこうと思います。

まず無利子国債ですが内容と趣旨については皆さんご存じだと思いますので、ごく簡単に書いておきますと文字通り利息が付かない国債ですが、お買い上げ特典として相続税を非課税にするって事ですから、まあ資産を沢山持っている人がこの無利子国債を購入して、相続人にお渡しすればその分は相続税がかからないってカラクリですね。

これが何で景気対策になるのかってのは意味不明の説明がなされておりまして、日本中の富裕層が持っているタンス預金で国債を購入して貰うって事で、景気対策の財源に充てるって事らしいのですが、どうも根本的に発想の原点が間違っているような気がするので有りまして、タンス預金って言っても本当に桐のタンスの中に現金を隠しておいたり、庭に穴を掘ってカメに現金を入れて埋めてあるって思っているらしいのですが、そんな事をやっているのはごく希な少数派で殆どの人は、銀行に預けたりして安全に運用しているのでありまして、預けられている預金はちゃんと銀行が企業に貸し出すなどして運用しているのですから、無利子国債など発行しましたら一時的に市中の資金が枯渇するとしか思えないのですよね。

勿論、巷で声が上がっている金持ち優遇ってのは間違いないですし、そもそも無利子国債の発行によって、本来歳入されるべき相続税が入ってこなくなるわけですから、タンス預金を引き出して財源に充てるどころかトータルで考えるともの凄い金額の税収をパーにする事が確実で有りまして、絶対に無利子国債の発行など許してはいけないのです。

もう一つの景気対策案として出ているのが政府発行紙幣ですが、こちらも普通に考えればごく普通に現在流通している日銀券、つまり紙幣を大量に印刷してしまって、世の中に流通させれば良いだけで有りまして、私には政府発行紙幣の意味が分からないので有りますね。

ただ紙幣を大量に刷って世の中にばらまいてしまいますと、インフレになるって一応正当な意見がありますが、良く考えてみれば現在はデフレ状態で少々インフレになったほうが良いのでは無いかなって思いますし、少々円の価値が下がって円安に為替相場が振れたほうが輸出産業が助かるのですから、考える価値は有るのでは無いでしょうかね?