日本型ワークシェアリングとは?

ついこの間まで人手が足りないって企業が結構有って、しかしながら密かに正社員比率を徐々に下げながら派遣労働者ですとかの非正規社員の比率を下げていた日本企業は空前の内部留保を記録した訳ですが、景気が減速して消費が停滞致しまして物が売れなくなると、今度は人減らしを素早く断行致しますと、次なる手って事で日本型ワークシェアリングを実行しましょうって事らしいのですが、私が思うにワークシェアリングをやるのでしたら、派遣切りとか雇い止めをする前に行うべき物なのでありまして、さっさと人員削減してから今度は日本型ワークシェアリングを持ち出してくるってのはどうかと思いますね。

つまりその何となくなのですが、日本型ワークシェアリングの具体的内容はこれから細部が検討されていくようなのですが、残業を大幅に削減してその分で雇用を確保するとか、人員配置を政府のほうでも助成しましょうって事らしいのですが、遂に良い悪いは別に致しまして正社員の雇用形態も大きく変わって不安定になってしまうのでは無いでしょうかね?

多分ですが気をつけませんとワークシェアリングって大義名分の元に、人員配置ですとか賃下げがやりやすい環境が整とも言えるので有りまして、労働者にとっても残業の一切禁止で手取り収入が一気に下がろうと、急な配置転換でなれない職場に強制的に移動になっても、雇用を守る為のワークシェアリングの一環だって大義名分の下では誰も文句が言えないでしょうからね?

経済学者でも何でもない私の意見なのですが、ワークシェアリングを行うって、労働者同士で少ないパイを分け合う事よりも新たな産業の育成ですとか、起業家がどんどん出てくるような環境を整えまして、新たな雇用を生み出すほうに思い切りシフト致しませんと、大量の低収入世帯が増えるだけで更に景気が落ち込むような気がしてしまうのですよね。

日本は取るべき方向ってのはセーフティーネットを構築した上で何度でもチャレンジできる土壌を作るのがベストだと思っているのですが、どうも日本型ワークシェアリングの導入によってかえって正社員全体の待遇が悪化致しまして、更に景気と雇用が低下していくような気がするのですよね。

それよりも現在の3倍位の起業があれば社会も活性化しますし、倒産件数は増えるでしょうが再チャレンジの空気が社会に充満していましたら、明るく乗り切っていけると思うのですよね。

日本型ワークシェアリングによってかえって経済が萎縮してしまうような気がするので有ります。