アクセスが上がらない対策

趣味で暇潰してやっているのならともかく企業や会社としてホームページを開設しまして、高いお金や時間をかけて公開したのに来場者は自分の社員だけでアクセスが上がらないともなりますと、何らかの対策を講じようと考える人も多いと思いますので、今回はそんな事について書いてみようと思います。

まず皆さんが最も最初に頭に浮かぶのは検索エンジンを使ったホームページの検索で上位に表示させる事だと思いますが、この手の情報に関しては山ほど有りますので基本的な部分だけを一つ書きますが、探している人が見つけたい情報に一番合致しているページを上位表示させるように検索サイトは苦心しているって事です。

もちろんSEOと呼ばれる対策が幅を効かせていますが、検索技術の進歩によりまして中身が無いのに上位表示されることは非常に少なくなっていますから、まずは基本的なコンテンツの質や量を高めることが重要だと思います。

まぁ中には更新頻度とコンテンツの量を増やすためにブログを併設して頑張ろうなんて会社も少なくないのですが、最初のうちは色々とネタを探してきて書いているのですけど、そのうちにネタが無くなってきて社長のメシの紹介ばかりになってしまうような、ある意味では逆効果な場合も少なくないのですよね。

でここからはアクセスが上がらない対策としてやってはいけない事を書いてみようと思います。

・他所のホームページからコンテンツやテキスト文章のパクリやコピペによる盗用

確かにテキストによる文字情報の量が多い方が情報量が多いと言う観点などから有利な面は有りますが、下手に他所からコピペしてもコピペ元と同一情報として重複処理をされてしまいまして、検索結果から除外されてしまう危険性が有りますし著作権侵害にも当たりますので、下手すると損害賠償請求されたり刑事告訴される場合も有りますからね。

※実は私自身がコピペ泥棒されまして刑事告訴や損害賠償請求をした事が有りますが、安易なコピペの代償は大きいですから気を付けましょうね。

・内部リンクの多過ぎや張りすぎ
これは私自身にも経験が有りますがサイト内のページが増えてきますと、だんだん内部のリンクが増えてきましてやがて全体の順位が下がってしまう事も有るような気が致します。

この辺りは重要なページとそうでないページと目次のページを分けて考えまして内部リンクを時には見直す必要が有るように思います。

他にも相互リンクのやりすぎとか過剰SEOですとかやってはいけないコトは沢山有るのでして、余り楽をしてアクセスを伸ばそうとしないでじっくり時間をかけてコンテンツを充実させるのが一番だと思いますよ。