イベントと無駄使いとレンタル用品

時として地道な努力をやりたくないとか時間がかかるとかただ経費を使って何かをやるのが好きだとか、企業の販売促進ですとか町おこしですとか商店街の活性化とか理由をつけてイベントを企画実行致しまして、一回やって失敗と思ったらやめりゃいいのにこーゆー事は長く続けて定着させないと意味が無いとか、ノウハウが蓄積しないとか言い出しまして単に経費(お金)の無駄使いなのに慣習化してイベントを実施しているとか、出来の悪いコンサルタントに頼んだばっかりに金ばかりかかってさっぱり効果が見込めないイベントを実施した企業や自治会ってのは多いのではないでしょうかね?

もちろんイベントを行うってのは色々な目的がありまして、知名度を上げるためだったり施設への集客が目的だったり日頃の感謝を込めて謝恩のイベントだったり、リピーターを確保するために定期的にイベントを行わないと客足が引いてしまうからなんて場合もあると思いますが、別に三流芸能人を読んで素人以下のトークショーを見せなくても知恵を絞ればもっとましなイベントが出来るんじゃないかと思う時もしますし、そのイベントのためだけに作れてた舞台装置などを見ますと、今の時代エコじゃないなって思うときもありますね。

それと施設とか企業とか地域とかがイベント頼りと言いますかそれが無いと誰も来ないで閑古鳥が鳴いてしまい過疎って仕方が無いって状態になるのはとても良くないと思うのでありまして、地域とか町おこしでしたら特産品とか特色を考えて企業の誘致をするとか、イベントなんてなくてもリピーターが来てくれるような状態をイメージして何か考えた方が良いと思います。

まぁイベントは経験が無いからプロの意見を聞いてプロに任せましょうって流れになりますと、そりゃもうイベント企画の会社は見栄えが良くて格好の良い企画書でできるだけ高く料金を請求出来る内容を考えますし、舞台も用意して観客用の沢山の椅子を用意してって音響設備も設置してって事になりますと、それらの機材はイベント企画会社が持っている機材をレンタルする形でレンタル料金を請求致しますから機材を使えば使うほど儲かるのでありますね。

不況の影響で一時期はイベント関係も少なくなりましたがどーもこの不景気を何とかするための対策ってことでイベント企画を考えて頑張りましょうなんて事例も出てきているようなのでありますが、自分たちで良く考えて企画実行しないと無駄使いの塊のようなイベントになってしまうのでは無いでしょうかね?