マンションの高値売却方法

バブル経済の絶頂期までは、マンションに限らず不動産は基本的に値段(価値)が上がっていくもので、特段気にしなくても購入して何年か経ってから売却する時に、購入時より高値で高値で売却できるって事が珍しくも何とも無かった良い時代も有ったようで、買わなきゃ損ってばかりに無理をしてもマンションを居住用又は投資用に購入した人も沢山居たのではないかと思いますが、さいきんはすっかりその当時の面影は影を潜めてしまっていますよね。

聞いた話では、マンションをなるべく高値で売却しようと、内装をリフォームしても手の出しようがない外壁の状態とか、築年数とかで大幅に希望価格を下回る金額でしか売却できないなんて話も有るようですし、何と言いますか一戸建て住宅よりもマンションを高値で売却する方法ってのが、住んでいる個人の云々よりも、どの仲介業者にお願いするかで大きな違いになってくるのでは無いでしょうかね?

勿論、最近はインターネットを活用した中古マンションの売買も普及していますし、殆どの業者の場合は売却を依頼しますと業者間のネットワークで物件情報が流通するのでありますが、それでも売却を依頼する仲介業者(不動産)によって、中古マンションの販売に力を入れていて専属の営業マンの有無や、折り込み広告でお客を集めているかどうかなど、力の差が出てしまうので有りまして、やはり中古マンションの高値売却は方法っていうよりも業者選びで勝敗が決まってしまうような所が有りますよね。

ですのでマンションの高値売却方法としては、複数の業者さんの話を聞いたり、無料査定して貰う事からスタートするわけですが、ここで注意点としては査定の段階で極端に高い査定金額を提示してくる仲介業者は、逆に要注意なのだそうでその仲介業者が買い取ってくれるのなら話は別ですが、高い査定金額を提示して船員媒介契約を結んで暫くすると、売れないので売却希望価格を下げるように話を出してくる場合も有るそうで、そうしますと逆に売却までの期間が延びてしまいますし、途中で金額を変更するのも面倒ですから、避けたほうが良いのでは無いでしょうかね?

追伸
空き家が増えて、管理費の滞納額が膨大な金が気になって補修が出来ていないマンションが増えているようですが、どうも大規模な補修が定期的に必要ですし、購入したからもう安心で終の棲家を手に入れたってわけにいかないのが実情なのでありまして、これから少子化になってきまして更に空き部屋の増えたマンションなどは一体どうなるのでしょうかね?