引っ越しと挨拶回り

最近は引っ越し時に挨拶回りをしない人も希にらっしゃるとの事ですが、基本的にはアパートでも一戸建てでもマンションでも転居先では向こう三軒両隣には手土産でも持って挨拶回りするのが一般的だと思いますが、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

秋深し隣は何をする人ぞって事で隣近所が何をしているのか分からないよりは、多少なりとも顔を知っているほうが良いような気がしますし、怪しい人が住んでいるのが分かっていれば鍵を頑丈な物に取り替えるとか、ホームセキュリティを契約するとか、子供に近寄らないように言っておくとか色々と手が打てますし、逆に友達を作れるチャンスだって有りますからね。

さて先ずは引っ越し先で挨拶回りする時期と言いますかタイミングですが、物の本によっては引っ越しの荷物を運び終わって一息ついてからって書いてある場合も有るようですが、やはり荷物の搬入でトラックが長時間停車したり、ご迷惑をおかけする可能性も有りますので、可能であれば引っ越しの前日に近所への挨拶回りは済ませておいたほうが良いと思いますし、余程の早朝でない限り、荷物の搬入(運び入れ)を行う前に挨拶回りを済ませておいたほうが良いでしょうね。

次に引っ越ししてご近所に挨拶回りする際の手土産(おつかい物)ですが、饅頭の箱に小判を詰めて持って行っても東京ばな奈みーつけたを持って行っても一向に構わないとは思いますが基本的にはタオル一本や石鹸3個入り位が無難だと思いますね。

まあ変に見栄を張って高価な手土産を持参しても嫉妬される可能性だって有りますし、相手に気を遣わせるのも何ですから、まあ手ぶらじゃ行きにくいので何か持って行くって感じで良いのだと思いますね。

で手土産が用意できましたら基本は家族全員で挨拶に回るのですが、まあ簡単な自己紹介をしまして手早く挨拶を済ませてしまえば良いのでは無いでしょうかね?
それと挨拶回りの際には訪問先の事を詮索しないように気をつけましょうね。

追伸
引っ越しして挨拶回りをしてはじめてと言いますが住み始めないと隣近所にどーゆー人が住んでいるのか分からないですし、賃貸住宅ならまだしも一戸建て住宅を購入した場合ですとおいそれともう一度引っ越しするわけにはいかないですから、本当は引っ越しを決める前に隣近所の様子を確認してから決定できれば、少しは隣近所とのトラブルは減るのではないかなって思いますね。

なにせ日本の住宅は密集していますからね。