マンション業界の将来

今回は勝手な業界予測なのですが、先に結論を書いてしまいますと今までの慣習を見直してマンション業界全体が舵を大きく切れば明るい未来が待っていると思いますし、旧態依然とした営業を継続しているのであれば、マンション業界の未来は非常に暗いものになってしまうのでは無いでしょうかね?

日本だけに限って言えば、まあ経済状況とか不況とか好景気なんてものは、良くなったり悪くなったり上下致しますのでまあ、全体の大きな流れには関係ないのだと思いますが、やはり急速に進む少子高齢化とそれに伴う人口減と高齢社会、更に人間同様に築年数が対応年数を超えてしまった、改修を必要とする老朽化マンションの増加など、今までのように人口が増えて更に核家族化で住宅需要が増えるって状態にならないわけですから、マンション業界もそれに伴った、方向転換が必要でしょうね。

勿論、人口が減りますから業界の再編は必要では有ると思いますが、そろそろ日本に大規模な集合住宅、つまりマンションが登場して40年以上が経過して、過去に建築したマンションがメンテナンスを良く考えないで作ってきたなど、反省の?上に立って大規模な改修をしなくても配管などの交換が簡単にできるとか、どのような建築を行えばより高い資産価値が維持できるかって部分を提案できるのがこれからだと思うのですよね。

つまりまあ何と言いますか、一巡繰りしてやっとこれからマンションの循環だとか、メンテナンスを永続的に行っていく事によって末永く資産価値を維持できるのが日本のマンションだって形に脱皮する必要が有ると思うのですよね。

技術的なバックボーンが書いても説得力に欠けると思いますが、木と紙で作った木造住宅と、鉄筋や鉄骨やコンクリートで作ったマンションでは本来なら資産価値の下落は、マンションのほうが少なくて当然だと思うのですが、どうも実情ではあまり両者の差がないように感じるのですが、これはマンション業者が頑張れば、資産価値の低下が少ないのは一戸建て住宅よりもマンションだって事に出来ると思うのですよね。

もしそのようになりましたら、省エネルギーの観点とか車に依存しないコンパクトな町造りとかが相まって、戸建て住宅よりもマンションが優位になると思うのですよね、販売の現場では。

ただ、隣の家のテレビの音が直ぐに漏れ聞こえてきたり、上階の住民の足音が下の部屋に響くようなマンションばかりを平気で販売しているようであれば、マンション業界の将来は暗いのでは無いでしょうかね?