競売物件とマンション価格

住宅ローン破産とでも言えば良いのでしょうか、せっかく頑張って頭金を貯めてマンションを購入したのに、不況の影響で収入が途絶えたり激減してしまった結果で住宅ローンの返済が出来なくなってしまってマンションは競売にかけられて、それで借金が帳消しになるならまだしも借金の山だけが重くのしかかるなんて笑うに笑えない話があちこちに転がるような昨今になってしまいましたね。

購入したときは三千万円を超えるような物件でも10年も経過して中古マンションとして売り出したら一千万円にも満たないなんて話はごく普通の話なので有りまして、こーゆー現実でしたら今まさに新築マンションを購入しようと考えている人の心にブレーキが掛かってしまうのではないでしょうかね?

思うに新築マンションの供給が過剰と言われて販売戸数も苦戦を強いられて長くなると思いますが、中古マンションの価格がこれだけ下がってしまって競売物件が増えてその落札価格といえば目も当てられないような金額では新築マンションを購入する意欲は何処かに行ってしまうのでは無いでしょうかね?

新築マンションの開発を手がける業者の方は中古市場には縁が無いと思いますし、ましてや販売後に購入者がローンの支払いが出来なくなって競売にかかっても関係ないことなのは分かりますが、中古マンションの販売価格がこれだけ下がってしまって、競売物件が大量に出てくるような状況を何とか致しませんと、いつまで経っても新築マンション市場は復活しないような気が致します。

それと思うのですが、30年とか経過したマンションを建て替えるとか大規模改修を行うとか資産価値が維持出来るような仕組みとか取り組みがおざなりのままで新築マンションの販売に精を出してきた結果が、スラム化するマンションの出現ですとか中古マンションの価格の下落につながっているような気が致しますね。

ですから業界全体として保守管理の体制ですとかコストの問題ですとか、中古マンションが抱える様々な問題点に業界として改善策を講じていきませんと、マンション購入は決して資産形成にならない高い買い物って事になってしまうのでは無いでしょうかね?

最近は都心部を中心に超高層マンションが随分と建設されているようですけど、何十年後かの大規模改修ですとか保守に関しては余り触れられていないようですけど、どうも大きな問題が将来出てくるような気がするのですが実際のところはどうなのでしょうかね?