地震対策

地震、かみなり、火事、おやじ、とまあ昔から怖いものの筆頭が地震だったわけでして、天災は忘れた頃にやってくる、本当に忘れた頃にやってくるのですね。

地 震対策は、家具の固定、非常用持ち出し袋、家屋の補強、緊急時の連絡体制、非常時集合場所、火災の初期消化、等々多岐にわたってありますね。

日本列島は地震列島で昔から地震の多い国なのでありますが、家屋に関する地震対策は、家屋全体の倒壊対策は、建築基準法で強度が有る一定レ ベル保たれていますので、よほど古い家屋で無い限り、なかなか倒壊しないものなのですが、箪笥や冷蔵庫などが倒れてきて、下敷きになってしまうわけです。

持ち家であれば、穴を空けたって平気ですから金具で家具を壁に固定してしまえば良いのですが、賃貸住宅では、簡単に壁に穴をあけて金具で家 具を固定するわけには行きませんね。

勿論、持ち家であっても自宅の壁が穴だらけになるのは躊躇してしまう方多いと思います。

一応、そんな壁に穴を開けられない、又は壁に穴を開けたくない方の為に、伸縮式のポールが突っ張って、家具と天井の間で地震時に家具が倒れ てこないようにする、通称突っ張りポールなる商品も出ていますが、金具にボルトで壁と家具を固定したほうが安心でしょうね。

例えば、これから新築する賃貸住宅、つまり賃貸のアパートやマンションに関しては、あらかじめ家具を固定するための、ボルト穴が壁に空いて いて、家具を固定できるようにしたらどうでしょうか?

例えば、壁には高さ2Mの位置に、1M間隔で5ミリのボルトの穴が設置されていることを規定したとすると、それに合わせた金具とボルトを 買ってきて、家具を簡単に固定できるようにしてしまうわけです。

そうしますと、賃貸住宅で壁に穴を開けられなくても、ボルトで家具と壁を固定できて、出て行くときのトラブルも起こらないと思いますがね。

ついでに、玄関近くに非常用持ち出し袋収納箱を造り付けにしまして、各家庭がそこに非常用持ち出し袋を入れておきまして、どこか奥に仕舞い こんで、非常時に非常用持ち出し袋が持ち出せないなんて事も減らせませんでしょうかね?

先ほど小さな地震がありましたので、思ってみたわけであります。

追伸

最近、東北地方を中心に地震が頻発していますが、地震の頻発に合わせて地震保険の人気が高まったり、地震対策グッズの売り上げが伸 びたりと、災害に対する人々の関心が高くなってきました。

備えあれば憂いなしといいますし、それはそれで良いのでしょうね。