花粉症の仕組み

このページでは花粉症の仕組みについて書きますが、実は花粉症の仕組みについて科学的に解明されていないところも残って入るようです。
ただ、花粉症の仕組みについて知っておくことは花粉症対策の第1歩だと思いますので、このページでは花粉症の仕組みについて書いてあります。

☆花粉症の仕組み
花粉症の症状として一般的なのは
くしゃみ
鼻水・鼻詰まり
目が痒くなる、涙がでる
が代表的な花粉症の症状ですが、お気づきのように、ハックション!ってやるくしゃみも、鼻水も、鼻詰まりも、涙が出るのも全て、体が判断した体にとって有害な物質を体から吐き出そうとしたり、体への進入を防ごうとしている、防御の現れですね?

特に
花粉症の方は、この体の防御システムのセンサーが過敏(花瓶?)に働いてしまった結果なのであります。

では具体的な花粉症対策の事は別のページで紹介させていただくと致しまして、花粉症の仕組みについて終わらせていただきます。

ま仕組みを知ったからって花粉症が治るわけではないのですが、別に大騒ぎする程の症状では無いって事を理解して、静かにやり過ごすのが一番なのではないでしょうか

本格的に解明するのは科学者さんにお任せ致しましょう。