鼻毛と花粉症の関係

口ひげを生やしている人以外は鼻毛が伸びていて他人に気が付かれると、後ずさりされてしまいますので基本的に鼻毛の手入れと申しますか、まあ簡単に書きますと電動式の鼻毛カッターですとか、小さいハサミですとか人によっては指で引っ張って抜いてしまうとかそれぞれの方法で鼻毛の処理をしているわけですが、元々鼻毛にはちゃんとした役割が与えられておりまして、空気中の埃や細菌やウィルスが体内に侵入しないように、防御してくれているのでありますが以外と鼻毛は鼻の穴近くに密集しているだけで少し中に入りますともう、生えていないのですから余りにカットし過ぎますと花粉は楽々鼻孔に侵入してしまうので有りますよね。

ですから未だかつて誰も調査した事は無いと思いますが、多分私が想像するには鼻毛の生え具合又はお手入れ後の鼻毛残存率と花粉症発症率に相関関係が有るのでは無いかと思うのですよね。

まあ花粉症専門外来(そんな医療機関の窓口があるかどうかは知りませんが)へ行って専門医の方が花粉症の症状を緩和する為にマスクをしなさいとは言うでしょうが、鼻毛を伸ばしなさいって言わないとは思いますが、まあどう考えてもマスクで花粉をブロックするだけではなくて鼻毛の密度を濃くすれば水際作戦って感じで相当花粉をブロックする事が出来るのだと思うのですよね。

ですから花粉症の季節でマスクを常時しているような方はどうせマスクで隠れていますので鼻毛を生やし放題にしてしまうって方法も花粉症の症状を緩和するような気が致します。

それとこれも完全に推理の世界なのですが、口ひげを生やしている人ってのは花粉症になりにくいのではないでしょうか?

何となく鼻孔から花粉を吸い込む前に多少はヒゲのほうで花粉を吸着してしまうような気が致しますし、それと鼻毛が伸びていて鼻の穴から盛大にはみ出していても、まあ口ひげを生やしていれば注意深く見てみませんと、一見して口ひげなのか鼻毛なのか素人には分かりませんからね。

追伸
もしかしたら完璧な花粉防御ってのは花粉対策のメガネをして目からの侵入を防御したら、後は鼻毛を伸ばしてマスクを致しまして男性の場合状況が許せば口ひげも生やすって事になるのでしょうかね?(まあ自由業の男性以外はヒゲを生やすのは難しいですけどね)
何と言っても体内に花粉が侵入してこなければ、もう花粉症になりようが無いので有りまして後は、室内に加湿器と空気清浄機でも設置すれば完璧でしょうかね?