湿気過敏と花粉症と喫煙(禁煙)

禁煙に成功して飲みに行くことも年に数回とすっかり真面目な生活態度に改めたお陰なのか、花粉症の方もほぼ影を潜めている良い感じが続いているのですけど、そ~いえば私は湿気に弱くて梅雨時ですとか湿度が高い時は風邪を引いたわけでも無いのに、クシャミ鼻水鼻づまり状態で往生していたのですがこちらも花粉症が鳴りを潜めると同時に姿を消してくれたようです。

当時を思い出しますと暖かくて湿気が低い時には花粉の飛散量が多くて花粉症でグズグズ状態になって、梅雨時ですとか雨降りや妙に湿気が高いときには花粉は飛び散りませんけど湿気過敏症のほうが顔を出してきてやっぱりクシャミ鼻水鼻づまり状態になってしまうので有りますから今にして思えば随分と悲惨な状況だったわけです。

でまぁそーゆー悲惨な状態が過去に何年か有ったわけですけど、病院に行くのも面倒だし仕事の方も相当忙しかったので放置状態だったのですが、最近になって気がついたらそれらの諸症状がすっかり治っていると言いますか、全然症状が出ていないんですよね。

で何か薬を飲んだわけでもないしインドの山奥で修行したわけでもないし、食生活の方も多少は少食になりましたけど大きな変化もなく、思い当たる節があるとすると禁煙に成功してタバコを辞めたって事くらいしか思い浮かばないのですよね。

これをより確実に検証するためにはもう一度喫煙の習慣を復活させまして花粉症と湿気過敏症の諸症状がでるかどうか一年くらい様子を見れば良いのでしょうが、また禁煙するときにイライラを経験したくないですからそーゆー事はしないのですけど、体感的に喫煙と花粉症の発症は関係しているように思いますね。

ただ気になって少し調べてみたのですがどーも喫煙が花粉症に良いって事を公言している人も少なからずいらっしゃるので有りまして、ただそーゆー人の根拠も自分の周りで喫煙しているしている人は花粉症を発症していない人ばかりだって事が唯一の根拠みたいですから信用性は低いと思いますけどね。

まぁ思うにタバコなんてものも元来は植物の葉っぱなわけですからそれほど悪者じゃないんだけど、専売公社がワケの分からない香料を加えたり細工をするから化学物質を吸い込んでしまうようになっていて体に悪いようになっている気も致しますね。

ただ別に科学的な根所も何もなくていつもどおりに思いつきをそのまま文字に変換しているだけですから真実はわかりませんけどね。