ハゲと脱毛と遺伝の関係

今回のコラムはハゲと脱毛と遺伝の関係について、勝手なことを書いてしまおうと思います。

先ずはハゲは遺伝するかって問題が大きな問題として出てきますね?
遺伝や遺伝子の事は未解明な部分も多く、はっきり書くと分らないって事になってしまいますが、今のところ禿げる遺伝子とか、脱毛の遺伝子なんかは発見されていないようです。

ただ、遺伝によって体質なんかは親から子どもに伝えられるようですので、禿げやすい、脱毛しやすい体質は遺伝してしまう公算が大きいような気がします。

ただ、ここで親が禿げているからって事で子どもがみんなハゲになるわけでもなく、なんたって親は母親と父親両方いるわけですし、脱毛の原因として後天的な要素、つまり
ストレスとかアルコールだとか不摂生な生活だとか・・・・・・
によって脱毛する事が多いようですので、遺伝だけで考える事は無理なようですね?

遺伝子の研究がもっともっと進んでこないとハゲと遺伝子の関係ははっきりしてこないと思いますので、遺伝子の研究が進みましたら、又コラムに書いてみようと思います。

追伸

最近聞いた話では、禿、脱毛は遺伝する要素が多いいのだそうで、親が禿げていると子供も同じ年代nはいると同じように脱毛してくる場合が多いのだそうです。

ただまあ、親から様々な良い処も遺伝で受けついた中で、たまたま禿もサービスでついてきたに過ぎませんので、気にしたって始まらないですよね?

だいち更に年をとって60才にもなれば、禿でも何でもあまり関係なくなりますからね?

違いますでしょうか?

そらから最近は遺伝子に関する研究が進んできていますんで、もしかしたら薄毛とかハゲに関する研究も進みまして、遺伝が原因の禿げ頭は無くなってくる可能性もあるのですが、親としては自分の遺伝子が矯正されてしまうって場合に、どんな風に思うのでしょうかね?