生え際の後退

生え際の後退・・・つまり額の面積が髪の毛が抜けていくことによって、ドンドン広くなってくるわけですね?
自分の領土が増えるなら良いのですが、抜け毛で額の面積が増えてくるのは、どうもよろしくないようなのであります。

実は(実はでもなんでもないのですが)、大概の男性は徐々に額と髪の毛の生え際は後退していっているとの事ですが、スピードに個人差が有りまして、 20年かかって1センチ生え際が後退する人や、20代後半から数年に一気に5センチくらい生え際が後退してしまう方もいらっしゃるようです。

後退のスピードが遅い人ですと、本人も回りの家族も気がつかないのですが、昔撮影した写真と自分の今の写真と並べてみると、誰しも生え際の後退に気がつくようです。

ででで 生え際の後退対策は有るか? ってところですが、悲しい事に市販の育毛剤で太刀打ちできる育毛剤は・・・・
どれもなかなか大変なようです。

だって、ジワジワ生え際の後退ですと特に頭じゃなくて、額に変身してしまっているわけですからね?

追伸

禿げて行くパターンとして生え際が後退するパターンの他に、後頭部が円形に脱毛していくタイプや、全体の抜け毛が多くなって、平均的に禿げるタイプが有るようですが、生え際の後退は始まって禿げるのが一番、誤魔化しが利かないですよね?

他の場合は、色々と髪型でカモフラージュ出来ますけど、生え際だけは中々難しいので有りますね。

その昔、確かカツラのCMで生え際の魔術師なんてキャッチコピーが有りましたが、カツラか自毛かを見分けるには生え際を凝視するか、思い切って手を伸ばして引っ張ってみるかって事になりますが、さすがに引っ張ってカツラかどうかを確認する事は出来ませんので、生え際凝視って事になりますが、その場合は自毛でも生え際の後退を気にしてる人でしたら、思わず後ろに下がるでしょうね?