若ハゲの対策について考える

何でもこの世に生まれてすくすくと成長して、やがて声変わりして男性ホルモンの分泌が盛んになって男性らしくヒゲが濃くなってきて、さて男性の魅力が芽生えてくる時期に、その肝心の男性ホルモンの作用で若ハゲの原因になる事も多いと聞いていますが、異性を意識し始める年頃の気持ちの高揚が抜け毛と共に一緒に失せて行くわけで、加齢によるハゲとは比べ物にならない悲しさだと思いますが、今回のコラムではその若ハゲの対策について考えてみようと思います。

さてまず男性ホルモンが原因だとはっきりしていればそれに対して有効な薬剤も開発されているようなのですが、お父さんの加齢によるハゲとは訳が違いますから早めに専門医の診察を受けて適切な措置を講じるのが一番で、なにせ若ハゲの原因は完全に解明されていない状況ですから実際には不規則な生活や寝不足や、栄養の偏りなど日常生活の問題で若ハゲが発生しているかもしれないですからね。

でね聞くは一時の恥で聞かぬは一生の恥なんて諺が有りますが、別に頭髪が少なくなってハゲと言われようとも別に悪いことをしたわけじゃないですし、視力が落ちてきたら眼科に行くのと一緒に事で、一人で悩んでないで素早く病院にですねハゲ専門の診療科目を持っている病院はなさそうですので、皮膚科に行ってまず診察を受けるべきだと思いますね。

なにせ育毛・養毛剤関連の商品はとても多いので病院にいって時間をかけるよりも、なにか発毛によさげなやつを使って直してしまおうと思うには充分すぎるほど出回ってますが、毛根が残っている場合とかそうでない時とかによって対応は違ってきますからね。

そういえばボクシングの試合中にかぶっていたカツラが外れて一躍有名になって人気が出た若いボクサーがいたと思いますが、何でもかつらボクサーとして売り出していたところ髪の毛が生えてきてカツラは不要になったのだそうですけど、私の想像では遺伝とか男性ホルモンとかの関係も有るでしょうけど、減量とか激しいトレーニングが頭髪に影響してハゲたのも考えられるのでありまして、人気が出て何か生活が変わったのも髪の毛が生えてきた原因かもしれませんね。

幸いなことに?日本では晩婚化が進んでいますから気がついたら早めの対応をすれば婚活には充分間に合いますし、お父さんでも育毛剤には合う合わないが有るみたいですから若ハゲほど素早く専門家に見て貰って適切な対応を取ることが肝心だと思います。