最近は頭髪で年齢の推定が出来ない件

人を見てだいたい何歳くらいだって推測するのは顔を見て皺の状態だとか体つきとか声の状態だとか色々な部分を目にして総合的に判断致しますが頭髪の具合、つまり額の生え際がどのくらい後退しているかとか、ハゲ上がり具合とか白髪がどのくらい混ざっているかとか見た目と年齢の判定におきまして頭髪はかなり需要な要素であると言えるでしょう。

ところが最近は手軽に白髪染めが出来るようになりまして、白髪混じりとか白髪ですっかり白髪になったままにしている人を見かける事はめっきり少なくなりましたし、育毛シャンプーに頭皮マッサージに育毛サロンの活躍とかで還暦になっても頭髪をそれなりにキープしている人も少なくないですし、カツラでカモフラージュしている人も中にはいらっしゃるのでしょう。

そんなわけで昔から女性のほうは外見から年齢が判断するのが難しかったのですが男性の方もまず外見から年齢を推測するのが難しくなったのでありまして、犯罪か何かで目撃者が30歳くらいの男性だったって証言をしても実際には50歳を超えていたなんて事も少なくないのでは無いでしょうかね?

まぁ別に外見から年齢の推測がしにくくなったって事で実害がどこかに出るわけでは無いのですが、何と言いますか若い男性の間で特に増えている結婚難民にとっては結婚して30にも40歳にもなって外見は二十代の頃のままあまり表を歩き回られますと迷惑なのでありますね。

離婚件数は右肩上がりで急増中でバツイチの結婚なんてのもとっても増えているって聞いてますけど、結婚したくても出来ないまま一生を恋愛難民から結婚難民と過ごす生涯未婚者が大量に発生する傍らで、バツイチとかバツ2の男性が大手を振って街を闊歩しているのでありまして、たぶんこれは経済的な部分が関係しているって事も有りますけど、中年になっても外見からはもっと若くにしか見えない男性が増えたこととも無関係ではないような気が致します。

どうも頭髪から年齢が推測しにくくなった件から何故か話が結婚難民方面に進んでしまいましたけど、こうも外見から年齢が分からない時代になってきましたら、男性でも女性に対して遠慮しないで年齢を聞いてしまった方が失敗が少ないような気がしますが、そーゆー事をズケズケと聞ける男性は少ないでしょうね。

まぁ頭が禿げ上がった大阪のおっちゃんでしたらなんとなく聞けるような気がするのですがこれは偏見でしょうか?それとも正解でしょうか?