髪の毛とイメージ

女性の場合、髪型によってものすごく外見から受けるイメージは変わってきたりしますけど、男性の場合でも一部には職業による標準的な?髪型も存在するようですしやっぱり人は外見で判断されちゃうことが多いようですので、今回のコラムではそんな事について考えてみたいと思います。

さて小学生の集団を見てもあまり多様性を感じないのはたぶん髪型のせいも有ると思うのですが、まずハゲ頭をしている子供はいませんしせいぜいスポーツ刈りの子は運動が好きかなとか位しか感じないのでありますけど、これが三十代くらいの男性を並べてきますと実に多様性を感じることになるのでは無いでしょうか?

まぁ薄毛の人ですと職業以前にどうも普段から苦労していてストレスが多い毎日を送っているんだなって思ってしまったり、茶髪に長髪なんて人でしたらもしかしたらミュージシャン関係の方かなとも想像しますし、つるつる坊主でしたら僧侶になっていらっしゃるのかななんて思いますよね?

でね、薄毛の方ですとかハゲ頭を気にする人ですとか私なんかがその辺りを問題にして薄毛対策に励むのはひとえに第一印象と言いますか、他人が自分に対して感じるイメージを気にしての事ではないでしょうか?

私の場合を例に取って考えてみますと、一応は零細企業とはいえ会社の代表をやっているのでありまして、やはり薄毛を気にしないで外部の方とお会いしていたりしますと相手の気持ちはわかりませんけど、どうもこの社長は頭髪の状態から苦労の跡が偲ばれるけど果たして会社の経営状態は大丈夫なのかなんて心配されて仕事が来なくなってしまったり、まぁ余談ですけどこの業界は若い女性も大勢働いていますからそっち方面の目を気にしたりしちゃうんですよね?

その結果として育毛トニックを購入して朝晩の頭皮マッサージに余念が無かったりするわけですけど、これがもし不外部の人間と全く会わない引きこもり状態で仕事も私生活もするようになりましたら別にハゲていてもなにか困るわけじゃないし、床屋にも行かなくて良くて経済的だし洗髪も楽でいいやなんて考えてしまうのでは無いでしょうか?

ただまぁ余りに他人の目を気にし過ぎて見てもいないのにあの人は自分の薄毛を見て笑っているんじゃないかしらなんて思うようになってしまいましたら、今度はそれが原因のストレスが発生してしまいましてストレスが原因の抜け毛が発生なんて事になってしまいますから、他人の目を気にするのも程々にしなくちゃいけないですよね?